コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四神相応 シジンソウオウ

占い用語集の解説

四神相応

風水における好適地の条件のこと。四神相応の地とは、背後に高い山(玄武)、前方に海・河川などの水が配置され(朱雀)、左右に丘陵や低い山(青龍・白虎)が囲む形状のものを指す。このような土地に住むと、一族は長く繁栄するといわれている。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しじんそうおう【四神相応】

天の四神の方角に相応した、地上で最良の地勢。左(東)に流水(青竜)、右(西)に大道(白虎)、前(南)にくぼ地(朱雀)、後ろ(北)に丘陵(玄武)のあるものをいい、平安京はそれにかなう地といわれた。四地相応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四神相応の関連キーワード毛綱毅曠風水石組方角

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android