コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図形残効 ずけいざんこうfigural aftereffect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図形残効
ずけいざんこう
figural aftereffect

視野内のほぼ同じ位置に,相次いで2つの図形が提示されたとき,第2の図形が第1の図形の影響を受けて,単独で提示されたときとは異なって見える現象。同じ図形を凝視し続けているときに見える変化もこれに含まれる。曲線を数分凝視したあとに直線を見ると,曲線とは反対の方向に曲って見えるギブソン効果と,先行図形とほぼ同じ位置に提示された後続図形の大きさ,濃度,遠近が変化して見えるというケーラー効果とが有名。 W.ケーラーはこの現象を説明するために,視覚中枢での先行刺激による飽和を仮定した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

図形残効の関連キーワードギブソン(James Jerome Gibson)ケーラー(Wolfgang Köhler)ジェームス・J. ギブソンゲシュタルト心理学J. ホッホバーク小保内虎夫知覚

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android