コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国包(初代) くにかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国包(初代) くにかね

1592-1665* 江戸時代前期の刀工。
文禄(ぶんろく)元年生まれ。伊達政宗(まさむね)の命により,慶長19年京都の正俊(まさとし)に入門。元和(げんな)5年帰郷,仙台藩お抱えとなる。刀鍛冶(かじ)本郷家の祖。寛永5年の「山城大掾(やましろのだいじょう)藤原国包」銘の刀が重文に指定されている。寛文4年12月3日死去。73歳。陸奥(むつ)宮城郡出身。通称は源蔵,吉之允(きちのすけ)。法名は仁沢用恵(にんたく-ようけい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国包(初代)の関連キーワード文禄刀工

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android