コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国本社 こくほんしゃ

6件 の用語解説(国本社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国本社
こくほんしゃ

大正末期に設立された国家主義政治結社虎ノ門事件に衝撃を受けた平沼騏一郎国体思想を宣伝するという主旨で,1924年に設立したもの。機関誌『国本』『国本新聞』を発行し,全国に支部 170をもち,中央の会員には東郷平八郎斎藤実鈴木喜三郎宇垣一成池田成彬らの軍人,政・財界人を集めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくほん‐しゃ【国本社】

大正13年(1924)平沼騏一郎が中心となって設立した右翼思想団体。昭和11年(1936)解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国本社【こくほんしゃ】

虎ノ門事件当時法相であった平沼騏一郎が同事件に衝撃をうけ,1924年に創立した政治結社。国体精神の鼓吹を目的として官僚・軍人・実業家を集め会員20万人と称し,日本ファシズム総本山と目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくほんしゃ【国本社】

平沼騏一郎を中心に1924年5月発足した国家主義団体。前年の虎の門事件に衝撃をうけた平沼が,〈国体ノ精華ヲ顕要スル〉ことを目的として結成した,反政党政治・反国際協調の傾向を強くもつ団体である。メンバーは平沼系の判事,検事が中心であるが,荒木貞夫宇垣一成後藤文夫池田成彬などの軍人や内務省などの高級官僚,財界人をも組織した点に特色がある。地方支部でも司法官や地方政財界の名士を多数組織しており,市役所,裁判所内に事務所を設けている支部も多かった(支部39,会員1万7816名,1935年時の官憲資料)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくほんしゃ【国本社】

1924年(大正13)平沼騏一郎きいちろうが結成した国家主義的思想団体。二・二六事件後、解散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国本社
こくほんしゃ

1924年(大正13)5月、当時司法官僚閥のトップに位置していた平沼騏一郎(きいちろう)が創立した右翼団体。平沼は現役時代から国粋主義運動に走り、1920年検事総長のとき東京帝国大学内の右翼団体興国同志会の顧問となり、23年には「修養団」の団長に就任した。23年12月、無政府主義者難波大助(なんばだいすけ)が摂政(せっしょう)宮裕仁(ひろひと)(昭和天皇)を銃で狙撃(そげき)した虎(とら)の門事件により、山本権兵衛(ごんべえ)内閣は総辞職、法相であった平沼は、下野した機会に国本社をつくった。鈴木喜三郎(きさぶろう)、塩野季彦(すえひこ)、小山松吉(こやままつきち)、東郷平八郎(とうごうへいはちろう)、宇垣一成(うがきかずしげ)、荒木貞夫(さだお)、真崎甚三郎(まざきじんざぶろう)、斎藤実(まこと)、池田成彬(せいひん)、結城豊太郎(ゆうきとよたろう)、後藤文夫(ふみお)、山川健次郎(けんじろう)、古在由直(こざいよしなお)など、軍部、政・財・官・学界のトップクラス多数が会員となり、一時は170支部、20万人と称した。このため外国では平沼を日本ファシズムの総本山とみなしたこともある。しかし国本社の右翼団体としての実績は、『国本新聞』、雑誌『国本』を出し講演会を行った程度にすぎず、36年(昭和11)平沼の枢密院議長就任直後に解散した。[大野達三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国本社の言及

【平沼騏一郎】より

…東京控訴院部長を経て検事に転じ,1911年司法次官,12年より21年まで検事総長,23年第2次山本権兵衛内閣の司法大臣を歴任。虎の門事件に衝撃をうけ,24年からは国家主義団体国本社を主宰(会長),同年には枢密顧問官に就任,翌年枢密院副議長となり,台湾銀行救済問題,ロンドン条約批准問題などで政府を苦しめた。満州事変後には首相候補者として右翼・軍部から期待されるようになったが,元老西園寺公望は彼の右翼色を忌避した。…

※「国本社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国本社の関連キーワード平沼淑郎太田耕造前田米蔵平沼平沼騏一郎内閣赤松寸雲竹内賀久治二上兵治建国会方合

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国本社の関連情報