コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川健次郎 やまかわけんじろう

5件 の用語解説(山川健次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山川健次郎
やまかわけんじろう

[生]嘉永7 (1854).閏7.17. 陸奥,若松
[没]1931.6.26. 東京
明治・大正期の物理学者,教育家。会津藩士の子として生まれる。藩校日新館で学び,理学研究を志して明治4(1871)年に渡米,エール大学シェフィールド理学校で科学を修めた。1875年に帰国,東京開成学校(→開成学校)教授補を経て,日本人初の東京帝国大学理学部教授(物理学担当),また初の理学博士となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまかわ‐けんじろう〔やまかはケンジラウ〕【山川健次郎】

[1854~1931]物理学者・教育家。福島の生まれ。米国に留学後、東大で物理学を教授。東大総長・九大総長・京大総長・枢密顧問官を歴任。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山川健次郎【やまかわけんじろう】

物理学者,教育行政家。陸奥(むつ)会津藩家老山川尚江(なおえ)重固(しげかた)の子,妹は大山巌夫人捨松。戊辰戦争では白虎隊に入るが,年少をもって除隊。1871年からイェール大学シェフィールド科学校に留学。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山川健次郎 やまかわ-けんじろう

1854-1931 明治-大正時代の物理学者,教育者。
嘉永(かえい)7年閏(うるう)7月17日生まれ。山川浩の弟。大山捨松の兄。エール大にまなび,東京開成学校教授補をへて明治14年東京大学教授。日本初の理学博士のひとり。東京帝大,九州帝大,京都帝大の総長を歴任。貴族院議員。枢密顧問官。昭和6年6月26日死去。78歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。
【格言など】物理学を学ぶ者の心得は「一に数学,二に数学,三に数学」

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまかわけんじろう【山川健次郎】

1854~1931) 物理学者・教育家。会津若松生まれ。エール大学に留学、東大総長・九大総長・京大総長などを歴任。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

山川健次郎の関連キーワード安政安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震下田条約嘉永了仙寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山川健次郎の関連情報