コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川健次郎 やまかわけんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山川健次郎
やまかわけんじろう

[生]嘉永7 (1854).閏7.17. 陸奥,若松
[没]1931.6.26. 東京
明治・大正期の物理学者,教育家。会津藩士の子として生まれる。藩校日新館で学び,理学研究を志して明治4(1871)年に渡米,エール大学シェフィールド理学校で科学を修めた。1875年に帰国,東京開成学校(→開成学校)教授補を経て,日本人初の東京帝国大学理学部教授(物理学担当),また初の理学博士となった。1901~05年に東京帝国大学総長を務め,1911年九州帝国大学創設に際し総長となり,1913~20年には再び東京帝国大学総長,1914年から京都帝国大学総長を兼任した。晩年には明治専門学校(→九州工業大学)や武蔵高等学校(→武蔵大学)で教育に尽力。教育者として古武士の風ありといわれた。1905年貴族院議員,1915年男爵叙爵,1923年枢密顧問官(→枢密院)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山川健次郎【やまかわけんじろう】

物理学者,教育行政家。陸奥(むつ)会津藩家老山川尚江(なおえ)重固(しげかた)の子,妹は大山巌夫人捨松。戊辰戦争では白虎隊に入るが,年少をもって除隊。1871年からイェール大学シェフィールド科学校に留学。1876年開成学校教授補,1879年東大教授となり物理学を担当。1901年東京帝国大学総長。以後九大・京大の総長を歴任(1913年東大総長に再就任)。1904年貴族院議員,1923年枢密顧問官。武士道的教育法を持論とし,平和的国防を説いた。晩年は国家主義的教化運動に関係。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山川健次郎 やまかわ-けんじろう

1854-1931 明治-大正時代の物理学者,教育者。
嘉永(かえい)7年閏(うるう)7月17日生まれ。山川浩の弟。大山捨松の兄。エール大にまなび,東京開成学校教授補をへて明治14年東京大学教授。日本初の理学博士のひとり。東京帝大,九州帝大,京都帝大の総長を歴任。貴族院議員。枢密顧問官。昭和6年6月26日死去。78歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。
【格言など】物理学を学ぶ者の心得は「一に数学,二に数学,三に数学」

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまかわけんじろう【山川健次郎】

1854~1931) 物理学者・教育家。会津若松生まれ。エール大学に留学、東大総長・九大総長・京大総長などを歴任。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山川健次郎の関連情報