国立[市](読み)くにたち

百科事典マイペディアの解説

国立[市]【くにたち】

東京都中部の市。1967年市制。市名は国分寺・立川の中間にあることに由来。武蔵野台地の南西部に位置し,南西境を多摩川が流れる。北部に中央線,南部に南武線,中央自動車道が通じる。かつては東京近郊の一農村であったが,関東大震災後一橋大学が進出したのを契機に学園都市,郊外住宅地として開発されて発展した。国立駅を中心に整然たる市街地が形成され,一橋大学周辺一帯が1952年文教地区に指定された。8.15km2。7万5510人(2010)。
→関連項目一橋大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くにたち【国立[市]】

東京都中部の市。1951年谷保(やほ)村が国立町と改称して町制を施行し,67年市制。人口6万6719(1995)。都心から西へ30km,立川市の南東に隣接する学園・住宅都市で,国立の名は1926年中央本線の新駅開設に際し,国分寺駅と立川駅の間に位置したことから名づけられた。市の北端を中央本線,中央部を国道20号線(甲州街道)と南武線,その南の多摩川沿岸の低地を中央自動車道がいずれも東西に走る。明治までは国道沿いの街村やその南の農村集落が中心の純農村で,中央本線の北は長い間雑木林が卓越する山林原野であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android