コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国選弁護 こくせんべんご

1件 の用語解説(国選弁護の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくせんべんご【国選弁護】

刑事訴訟において裁判所または裁判長が被告人のために弁護人を付し,その弁護にあたらせる制度。すべての被告人・被疑者は,みずから弁護人を選任する権利を有する(憲法37条3項,刑事訴訟法30条1項――この場合を〈私選弁護〉という)が,それだけでは被告人の保護のために不十分なので,この制度が採用されたのである。 現行法上国選弁護が認められるのは,以下の場合である。第1に,被告人が貧困その他の事由でみずから弁護人を選任することができない場合であり,この場合に被告人から請求があったときは,裁判所は弁護人を付さなければならない(憲法37条3項,刑事訴訟法36条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国選弁護の関連キーワード刑事訴訟控訴裁判所裁判長訴訟記録訴訟当事者公判調書裁判書上告裁判所責付

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国選弁護の関連情報