コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国選弁護 こくせんべんご

世界大百科事典 第2版の解説

こくせんべんご【国選弁護】

刑事訴訟において裁判所または裁判長が被告人のために弁護人を付し,その弁護にあたらせる制度。すべての被告人・被疑者は,みずから弁護人を選任する権利を有する(憲法37条3項,刑事訴訟法30条1項――この場合を〈私選弁護〉という)が,それだけでは被告人の保護のために不十分なので,この制度が採用されたのである。 現行法上国選弁護が認められるのは,以下の場合である。第1に,被告人が貧困その他の事由でみずから弁護人を選任することができない場合であり,この場合に被告人から請求があったときは,裁判所は弁護人を付さなければならない(憲法37条3項,刑事訴訟法36条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国選弁護の関連キーワード日本司法支援センター(法テラス)当番弁護士と国選弁護人日本司法支援センター被疑者国選弁護制度公的刑事弁護制度刑事被告人の権利総合法律支援法当番弁護士制度即決裁判手続ミツハシサエ西島 芳二国選弁護人久野圭一郎官選弁護人私選弁護人法テラス氷見事件相武紗季工藤俊作遠藤 誠

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国選弁護の関連情報