コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国鉄運賃 こくてつうんちん

1件 の用語解説(国鉄運賃の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくてつうんちん【国鉄運賃】

日本国有鉄道の運賃は,国民の日常生活および国民経済に及ぼす影響の重大性から,法律に基づいて定めることになっていたため(財政法第3条,財政法第3条の特例に関する法律),国有鉄道運賃法に基づいて設定されていた。このような運賃法定制は,この運賃決定のしくみが設定された1948年当時,国鉄が交通市場の中でかなり独占的な地位を占めていたことが背景となっていた。その後,国鉄が独占的地位を失い,経済情勢が一変したため,77年12月に運賃法を改正し,当分の間,経費増加見込額の範囲内であれば,国会の議決によらず運輸大臣の認可により運賃が改定できるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone