コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際協調主義 こくさいきょうちょうしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際協調主義
こくさいきょうちょうしゅぎ

一国の基本的外交方針として,諸外国との友好的協力関係を追求しようとする立場。軍国主義大国主義などに相対する。日本では,第2次世界大戦後強く主張されるようになった。日本国憲法は,前文でその趣旨を宣言し,特に国際対立を破局に追込む要素である戦争や軍備に代えて,平和を愛好する諸国民の公正と信義に信頼するとし,かつその9条で戦争放棄戦力の不保持を規定した。また,98条2項で「日本国が締結した条約及び確立された国際法規は,これを誠実に遵守することを必要とする」と規定するのも,この思想の現れである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくさいきょうちょう‐しゅぎ〔コクサイケフテウ‐〕【国際協調主義】

自国の利益のみを追求するのではなく、国際社会の中で諸外国と友好的に協力しながら、課題に対処し、共存していこうという考え方日本国憲法の基本原理の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国際協調主義の関連キーワード国家安全保障戦略[日本]バンデンバーグ決議行幸(ぎょうこう)アメリカ合衆国護憲的改憲論幣原喜重郎近衛文麿尾崎行雄ブリアン保守革命自国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際協調主義の関連情報