コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際収支理論 こくさいしゅうしりろん

1件 の用語解説(国際収支理論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいしゅうしりろん【国際収支理論】

さまざまな経済主体が一定期間中に行うすべての国際経済取引の結果,一国全体として対外決済上の地位がどのように変化するかを分析し,そのマクロ経済政策上の含意を明らかにするための理論。固定為替相場制のもとでは,為替相場の安定を維持するために通貨当局国際収支の赤字・黒字によって生じる対外決済手段の需給のアンバランスを埋めなければならない。また変動為替相場制のもとでは,国際収支の赤字・黒字は為替相場の変動と密接な関係がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際収支理論の関連キーワードGNP会計経済主義品品諸費定期的不定期百端まざまざし・い家計保障定期保険

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone