コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園正造 そのまさぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

園正造
そのまさぞう

[生]1886.1.1. 京都
[没]1969.11.24. 岡崎
数学者。京都大学数学科卒業 (1910) ,大学院に進み,京都大学教授 (21) ,数学第4講座 (数論・代数学を主とし応用数学を含む) を担当し,1945年退官。経済事象の数学的考察に関し独自の研究をなした。西京大学学長 (49~59) ,68年文化功労者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

その‐まさぞう〔‐まさザウ〕【園正造】

[1886~1969]数学者。京都の生まれ。京大教授。群論の研究に始まり、論文「合同について」「イデアルの分解について」を発表。後年、「市場均衡の安定条件」などを発表し経済学にも寄与

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

園正造 その-まさぞう

1886-1969 大正-昭和時代の数学者。
明治19年1月1日生まれ。大正10年母校京都帝大の教授となり,抽象代数学を研究し,数理経済学高田保馬と協同研究した。また「日本書紀」の暦をしらべて,論文「書紀の暦について」を発表。昭和24年西京大(現京都府立大)学長。43年文化功労者。昭和44年11月24日死去。83歳。京都出身。著作に「群論」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そのまさぞう【園正造】

1886~1969) 数学者。京都大学教授。数論で環の抽象的理論を開拓。数理経済学の分野では「価格変動に伴う分離可能財の需給変動」などの論文を発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

園正造
そのまさぞう
(1886―1969)

数学者。京都市の生まれ。1910年(明治43)京都帝国大学理工科大学を卒業、第三高等学校講師を経て、母校の助教授に迎えられ、1921年(大正10)同大学理科大学教授となり、新設の第四講座(代数学・数論)を担当した。
 群論の研究から始まり、数論研究における論文「合同について」は数学界を驚嘆させ、論文「イデアルの分解について」(1923)によって、世界の数学界の第一人者としての地位を確保した。後年に経済学に関心を寄せ、「価格変動に伴う分離可能財の需給変動」および「市場均衡の安定条件」と題する優れた論文を発表している。また、『日本書紀』における暦上の疑問を数学的に明白にした「書紀の暦について」と題する2編の論文は、注目すべき研究といわれる。[小堀 憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の園正造の言及

【代数学】より

…代数的整数全体のなす環では,一般には素元分解の一意性が成り立たないため,E.E.クンマーが理想数を考え,J.W.R.デデキントはそれがイデアルで実現されることを見いだした。このようにして導入されたイデアルは一般の環にも適用され,園正造(1886‐1969)およびA.E.ネーターが独立にイデアル論の建設を始めた。とくにネーターの貢献は大きく,その後の環論(イデアル論,加群の理論を含む)は抽象代数学の最重要分野と見なされるほどに発展した。…

※「園正造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

園正造の関連キーワード昭和時代理論開拓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android