復習(読み)ふくしゅう

精選版 日本国語大辞典「復習」の解説

ふく‐しゅう ‥シフ【復習】

〘名〙 繰り返しならうこと。一度学んだことを繰り返して勉強すること。おさらい。
※東海一漚別集(1375頃)真源大照禅師行状「明年読法華経、不復習便能背誦」
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉四「夏の休業は永きが故に、復習せざれば学びたることを忘れ易し」

さら・ゆ【復習】

〘他ヤ下二〙 (ハ行下二段活用の「さらふ(復習)」から転じて、室町時代ごろから用いられた語。多くの場合、終止形は「さらゆる」の形をとる) =さらえる(復習)
※俳諧・類船集(1676)也「鹿猿の鳴音を聞ては弓をはり、鉄炮をさらゆる猟人のわざとかや」

さら・う さらふ【復習】

(「さらう(浚)」と同語源)
[1] 〘他ワ五(ハ四)〙 教えられたものごとを、繰り返して練習する。復習する。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「今から湯の中でさらって、それから弾合せだア」
[2] 〘他ハ下二〙 ⇒さらえる(復習)

さらえ さらへ【復習】

〘名〙 (動詞「さらえる(復習)」の連用形の名詞化) =さらい(復習)和英語林集成初版)(1867)〕
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「小声でうたひながらしきりに踊りのさらへをしてゐる彼の姿が」

さら・える さらへる【復習】

〘他ハ下一〙 さら・ふ 〘他ハ下二〙 (室町時代頃からヤ行にも活用した。→さらゆ(復習)) 教えられた物事をする。さらう。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「江戸状どもをさらへ失念したる事どもを見出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「復習」の解説

ふく‐しゅう〔‐シフ〕【復習】

[名](スル)習ったことを繰り返し学習すること。「毎日復習する」⇔予習

さらい〔さらひ〕【復習】

(多く「おさらい」の形で用いる)
教えられたことを繰り返し練習すること。復習。さらえ。「書き取りのお復習
芸事の師匠が弟子を集めて、日ごろ教えたことを演じさせること。また、その会。温習(おんしゅう)。→おさらい

さらえ〔さらへ〕【復習】

さらい(復習)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の復習の言及

【宿題】より

…俳諧,連歌などの用例が,学校教育に転用されたのであろう。当初,宿題という用語は一般的でなく,復習,予習の指示として始まった。1900年前後に,各地の師範学校付属小学校で〈復習心得〉〈復習要項〉が生徒に配布され,10年代には各教科ごとの夏休み宿題帳が作られるようになった。…

※「復習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android