コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復習 サライ

デジタル大辞泉の解説

さらい〔さらひ〕【復習】

(多く「おさらい」の形で用いる)
教えられたことを繰り返し練習すること。復習。さらえ。「書き取りのお復習
芸事の師匠が弟子を集めて、日ごろ教えたことを演じさせること。また、その会。温習(おんしゅう)。→おさらい

さらえ〔さらへ〕【復習】

さらい(復習)」に同じ。

ふく‐しゅう〔‐シフ〕【復習】

[名](スル)習ったことを繰り返し学習すること。「毎日復習する」⇔予習

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さらい【復習】

〔動詞「復習さらう」の連用形から〕
(多く「おさらい」の形で)
復習すること。さらえ。 「ピアノのお-をする」 「男は三五郎を中に仁和賀の-/たけくらべ 一葉
音曲・舞踊などで、師匠が教えたことを弟子に演じさせること。さらえ。 「踊りの大-」 「十四の春金子で-のあつたとき/安愚楽鍋 魯文」 → おさらい

さらえ【復習】

さらい(復習)」に同じ。

ふくしゅう【復習】

( 名 ) スル
一度習ったことを繰り返して勉強すること。おさらい。 ⇔ 予習 「漢字の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の復習の言及

【宿題】より

…俳諧,連歌などの用例が,学校教育に転用されたのであろう。当初,宿題という用語は一般的でなく,復習,予習の指示として始まった。1900年前後に,各地の師範学校付属小学校で〈復習心得〉〈復習要項〉が生徒に配布され,10年代には各教科ごとの夏休み宿題帳が作られるようになった。…

※「復習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

復習の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻L.ルイス ドゥーベル帝国在郷軍人会浚う・渫うサブノート形成的評価統合評価法瀧口修央黒井繁乃在郷軍人網師野純御復習い復習える元木聖也復するデュマ寒稽古寒復習総浚い

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

復習の関連情報