相給(読み)あいきゅう

百科事典マイペディアの解説

相給【あいきゅう】

江戸時代,一村が二人以上の旗本や大名家臣によって知行されること,またはその知行地をいう。分郷(わけごう)・相知行とも。相給人数により二給,三給などと呼ぶ。これは知行地の良否,地頭知行権の抑制などが考慮されたもので,公家領,寺社領,旗本知行所の多い畿内・江戸周辺や地方(じかた)知行実施藩に多かった。なお広義には,一村内に幕府直轄領・大名領・旗本知行地などが併存することも相給という。
→関連項目地方直し

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいきゅう【相給】

江戸時代,1村が2人以上の地頭または領主によって領知されること,またはその知行地。1村が分割領有されるので分郷(わけごう)ともいう。江戸時代の知行割は村高を基準に1村単位で給与されるのを原則としたが,相給方式をとることがしばしば行われ,江戸時代知行制の一特色となっている。相給例は地頭の知行所(旗本知行所,藩士知行所)にとくに著しい。公家領,寺社領でも少なくないが,領主の領分(大名領,天領)では少ない傾向にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相給
あいきゅう

江戸時代の知行(ちぎょう)形態。分給、分郷、相知(あいち)、入会(いりあい)知行ともいう。一円所領、一円知行に対するもので、一村が複数の領主に分割支配された知行またはその土地をいう。領主の数で二給とか三給、四給とよんだ。徳川氏は1590年(天正18)関東入国当初から旗本への所領宛行(あておこない)は相給を原則とし、下野(しもつけ)国(栃木県)には幕領、藩領、旗本領で一村が20給という村もある。また、諸藩家臣の知行地や公家(くげ)領も相給知行が原則で、岡山藩領備前(びぜん)国(岡山県)尾張(おわり)村には26給、公家領山城(やましろ)国(京都府)吉祥院(きっしょういん)村は64給に分割されている。[神彰利]
『『神奈川県史 通史編 2 近世 1』(1981・神奈川県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の相給の言及

【名主】より

…だが一般的には,村方の長としての名主の権威は幕末まで保たれたといってよい。名主は1村に1名を原則としたが,1村が2名ないし数名の領主に相給(あいきゆう)となっている場合には,領主ごとに名主が置かれた。このような事例は,旗本領が多く存在した関東,近畿地方に多い。…

※「相給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android