坂戸[市](読み)さかど

百科事典マイペディアの解説

坂戸[市]【さかど】

埼玉県中部の市。1976年市制。高麗(こま)川と越辺(おつぺ)川の低地を占め,南部に台地がある。江戸時代は日光裏街道の宿駅で,3・8の六斎市が開かれた。中心市街は東武鉄道東上線越生(おごせ)線の分岐点。1960年代に女子栄養,城西大学が進出,1970年代に住宅団地工業団地が造成され,人口が急増,駅周辺の商店街も整備された。41.02km2。10万1700人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかど【坂戸[市]】

埼玉県中央部の市。1976年市制。人口9万8221(1995)。入間台地北縁部と越辺(おつぺ)川,高麗川低地にまたがる。開発の歴史は古く,北西部の入西(につさい)地区には条里遺構もある。古い市街地は江戸時代は日光裏街道の宿駅で,3・8の六斎市が開かれた。1916年東京・池袋からの東武東上線が開通し,32年に越生(おごせ)線が坂戸駅から分岐したが,なお農村相手の地方町であった。42年台地上に陸軍飛行場が設けられ,戦後,跡地に栄,千代田の開拓村ができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android