コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那古寺 なごでら

5件 の用語解説(那古寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那古寺
なごでら

千葉県館山市にある真言宗智山派の寺。正しくは補陀落山普門坊千手院。養老1 (717) 年,行基の創設になるといわれ,勅願寺であった。円仁も一時とどまり,源頼朝,足利尊氏,里見氏,徳川家康などの保護を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なこ‐でら【那古寺】

千葉県館山市にある真言宗智山派の寺。山号は補陀落山。養老元年(717)行基の創建で、承和14年(847)円仁の再興と伝える。のち、源頼朝が再建。坂東三十三所最終札所。那古観音。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

那古寺(なごじ)

千葉県館山市にある寺院。717年創建。真言宗智山派。本尊は千手観音菩薩。郡古山中腹に位置する。郡古観音とも呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なごじ【那古寺】

千葉県館山市那古にある真言宗智山派の寺。山号、補陀落山。俗に那古観音といい、坂東三十三所第三三番札所。717年行基の創建。円仁が再興。源頼朝が平家討滅後再建。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那古寺
なごじ

千葉県館山(たてやま)市那古にある真言(しんごん)宗智山(ちざん)派の寺。補陀落(ふだらく)山千手(せんじゅ)院と号する。本尊は千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)。坂東(ばんどう)三十三か所第33番札所、安房(あわ)三十四か所第一番札所。717年(養老1)行基(ぎょうき)が元正(げんしょう)天皇の病気回復を祈願して、海中より授けられた霊木で千手観音像を刻んだところ、すぐに健康になられたので、勅命により堂宇を建立したのに始まり、847年(承和14)円仁(えんにん)の再興と伝える。建久(けんきゅう)年間(1190~99)源頼朝(よりとも)が諸堂を再建し、鶴ヶ谷八幡(はちまん)社の別当寺となり、順次繁栄した。1703年(元禄16)地震にあうも、再建された。銅造千手観音立像は国重要文化財、多宝塔、繍字法華経普門品(しゅうじほけきょうふもんぼん)一巻は県文化財。[眞柴弘宗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

那古寺の関連キーワード千葉県旭市イ千葉県市川市鬼高千葉県千葉市若葉区桜木千葉県千葉市美浜区高浜千葉県千葉市中央区中央千葉県千葉市中央区中央港千葉県千葉市美浜区中瀬千葉県館山市藤原千葉県富津市富津千葉県千葉市美浜区美浜

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone