コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラチ

4件 の用語解説(埒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らち【×埒】

馬場の周囲に巡らした柵。
物の周囲に、また仕切りとして設けた柵。駅の改札口付近の柵など。
物事の区切り。また、限界。「職権のを超える」

らち【埒】[漢字項目]

[音]ラチ(慣) ラツ(慣) レツ(漢)
〈ラチ〉仕切りの垣。囲い。また、範囲。限界。「埒外埒内/馬埒・不埒
〈ラツ〉囲い。限界。「放埒
[補説]「埓」は俗字。

らつ【埒】[漢字項目]

らち

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【馬場】より

…江戸では城内の吹上御庭に,城下にも神田,馬喰町,木挽町,溜池,十番,高田,小日向,小石川,浅草,本所などにあったことが知られる。これらの馬場は土塁および垣(埒(らち)という)で囲われ,長さが100間ほどあるのに幅は10間ほどという細長い形が多いが,これは馬を一直線に走らせて弓矢を射る流鏑馬,笠懸のような競技が多かったためである。〈初音の馬場〉と呼ばれた馬喰町馬場は,関ヶ原の戦の馬揃を行ったという伝えのある古くからの馬場で,明暦大火(1657)後に縮小された。…

※「埒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埒の関連情報