コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦後派 せんごは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦後派
せんごは

第2次世界大戦の終結時から 1950 (昭和 25) 年ころまでに登場した一群の文学者たちの総称。特に,46年1月に創刊された雑誌『近代文学』の同人および寄稿者をいうことが多い。登場の時期に応じて,「第1次戦後派」「第2次戦後派」と呼ぶこともある。平野謙荒正人,本多秋五,佐々木基一,埴谷雄高,小田切秀雄,山室静 (以上『近代文学』創刊時同人) をはじめとして,野間宏梅崎春生椎名麟三大岡昇平武田泰淳中村真一郎,福永武彦,三島由紀夫,安部公房,堀田善衛,島尾敏雄らの小説家,加藤周一,寺田透,花田清輝,福田恆存らの評論家をいう。青春期が左翼運動の挫折と軍国主義の横行の時代に重なったこれらの人々は,敗戦後の日本のあるべき姿を考える際,個人の内面の自律性を通じて考えるという姿勢を際立たせたことにより新たな印象を与えた。彼らの提起した「戦争責任」「政治と文学」「組織と個人」「近代的自我」等の問題は,戦後の文学的・思想的課題のすべてにかかわるものであった。しかし,世の中が朝鮮戦争を契機とする戦後復興,そして大衆社会化状況へと推移する中で,こうした問題への切実さもしだいに希薄になりつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

戦後派【せんごは】

第2次大戦後に登場した野間宏椎名麟三梅崎春生大岡昇平武田泰淳埴谷雄高ら,さらに平野謙ら《近代文学》の批評家たちも含めた文学の一派。彼らの特徴は,戦前,若くして目撃したマルクス主義文学運動の敗退を前提に,戦時下の重圧の中で文学的な自己形成をとげなければならなかった点にあり,〈政治と文学〉の問題について鋭い問題意識を持ち,文学上の政治主義と対抗,同時に反政治主義とも闘う姿勢を見せる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せんごは【戦後派】

第二次大戦後に育った人々。戦後派世代。
「戦後派文学」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

戦後派の関連キーワードオットー ゲルステッズ金原亭馬生(10代)S. グロホビャクパリのキャバレーグロホビャク嵐の中の青春第三の新人講談俱楽部古林 尚保守合同近藤芳美荒川洋治増村保造高安国世荻原賢次杉森久英戦無派戦中派宮柊二太陽族

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦後派の関連情報