コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂衆 どうしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堂衆
どうしゅ

仏教用語。 (1) 学生 (がくしょう) に対し,延暦寺の三塔で仏に香花を供える役僧。のち次第に武装して力をもつにいたった。 (2) 真宗などの本山の本堂において法要儀式をつとめる役僧。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐しゅ〔ダウ‐〕【堂衆】

《「どうじゅ」とも》
学僧に仕えていた童子で、出家得度した者。どうしゅう。
天台宗教団での下級の僧で、寺院の諸堂に分属して雑役に従事した者。どうしゅう。
真宗の本山や別院で法要を勤める役僧。どうしゅう。

どう‐しゅう〔ダウ‐〕【堂衆】

どうしゅ(堂衆)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうしゅ【堂衆】

どうしゅう【堂衆】

〔「どうしゅ」 「どうじゅ」とも〕
寺院内の諸堂において雑役にあたった下級の僧侶。 「山上には-・学生不快の事いできて/平家 2
真宗の本山や別院で法儀をつとめた役僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堂衆
どうしゅう

「どうしゅ」ともいう。一般に寺院にあって、教学研究、講経論義に携わる僧侶(そうりょ)を学侶(がくりょ)といい、それに対して、堂塔の管理運営に携わる者を堂衆というが、堂衆はかならずしも僧侶として正式な経歴をもっているとは限らない。奈良の薬師寺や法隆寺では堂方(どうがた)と称していたらしいし、さらに、学侶と堂衆の二階級だけでなく、堂衆のほかに行人(ぎょうにん)とか坊人、夏衆(げしゅう)などを区別している場合もあるが、一括して行人とされたり、堂衆とされたりもする。とくに比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)にあっては、堂衆はすなわち夏衆であり、堂塔に供奉(ぐぶ)し、供華(くげ)、供物(くもつ)、仏餉(ぶっしょう)などを支弁し、清掃、修繕、管理などにもあたるものであった。第35代座主覚尋(ざすかくじん)のときに始められたといわれ、比叡山近在の寺領の荘民(しょうみん)が登山してこの役についたという。山法師とよばれ、強訴(ごうそ)の先頭にたった大衆(だいしゅ)は主としてこの堂衆の集まりであり、つねに諸寺で学侶と堂衆の反目もしきりであった。[木内曉央]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の堂衆の言及

【院家】より

…以後,奈良,京都,比叡山,高野山などの門跡寺院には,門跡寺院の仏事や世俗のことを援助する院家があり,院家は学侶によって構成された。さらにこれらの院家のもとには,禅衆とか堂衆(方)とよばれる平民出身僧の子院が付属するようになり,寺院の封建制を一段と強めることになっていった。【堀池 春峰】。…

【僧兵】より

… さて寺内のいかなる階層の僧徒が僧兵を構成したかが,かつて論争の対象となった。そして出自の身分が高く修学を事とする学侶(がくりよ)(学生(がくしよう))に対し,寺内の雑務にあたる堂衆に加えて寺領荘園から召し出された兵士を僧兵の主力とするのが通説とされた。しかし寺内では,学侶が俗事に交わる一方で,堂衆が学侶とともに法会を勤修する事例が少なからず見いだされる以上,出自・修行方法に差異はあれ,学侶は学問,堂衆は雑務,という認識は正されねばならず,僧兵の階層を一概に規定することは困難である。…

※「堂衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堂衆の関連キーワード佐々木経高土佐房昌俊覚快法親王小野義成山本義経中河御厨下間氏六方衆豊島氏恵空学僧雑役不快大衆良忍行人法師僧兵公名

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android