コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆積輪廻 たいせきりんね cycle of sedimentation

3件 の用語解説(堆積輪廻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堆積輪廻
たいせきりんね
cycle of sedimentation

一定の順序で堆積した堆積物の一系列の変化。しばしば周期的に繰り返される。陸源物質では礫岩砂岩泥岩の一系列が最も多い堆積輪廻で,その原因には海水準の変化(海進),地殻変動沈降),気候変化などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

堆積輪廻

一群の地層の中で,ときに同じ岩相の地層が繰り返し現れることがある.これを堆積のリズム(sedimentary rhythm)といい,この中で礫岩層,砂岩層,泥岩層というような大きさの地層の繰り返しを堆積輪廻という[木村ほか : 1973].堆積物が堆積するサイクルで,地文学的(physiographic)なサイクルに密接に関係している[Twenhofel : 1939].地盆(basin)の形成が始まってから充填されるまでに記録される堆積の順序をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堆積輪廻
たいせきりんね

ある地域で一定の岩相や層序をもった地層が繰り返してみられることがあり、これらのうちで比較的まとまった厚さの地層の繰り返しを堆積輪廻とよぶ。砂岩泥岩互層のように単層の単位でリズミカルに地層が繰り返す場合は堆積輪廻とは区別される。
 堆積輪廻は海水準の周期的変動や、隆起・沈降を繰り返す地殻変動などを原因として形成される。たとえば、海岸付近で礫(れき)岩・砂岩などの粗粒岩が堆積したあとに海水準が上昇し、海岸線がより陸域に移動する(海進)と、粗粒岩の堆積場も移動する。そして最初に粗粒岩が堆積した場は、より沖合いの砂岩・泥岩などの細粒岩が堆積する。その後、海水準が下降し海退がおこった場合、細粒岩の上に粗粒岩が堆積する。つまり、一組みの海進・海退によって、地層は粗粒岩から細粒岩、そして粗粒岩へと変化することになる。一方このとき、より陸域では陸成層、海成粗粒岩、陸成層の堆積輪廻がみられるが、より沖合い域では粗粒岩が到達しないために堆積輪廻を認められないことがある。このようにして堆積輪廻が形成されるが、粗粒岩はかならずしも沿岸域で堆積するとは限らないし、同様に細粒岩も沿岸域で堆積することがあるので、海進・海退による堆積輪廻を確認するには、砕屑(さいせつ)物の粒度だけでなく古生物学的証拠も必要となる。
 堆積輪廻の小規模なものとして、炭田地域でみられるサイクロセムcyclothemとよばれる地層がある。これはある一定の層序をもった非海成層と海成層の一組みであり、堆積盆の上昇・沈降または海進・海退によって形成されると考えられている。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堆積輪廻の関連キーワードオーバーラップ整合層位学不整合表面不整合面スライド・マーク地層断続の法則活断層の調査オッペル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone