塚廻古墳(読み)つかまわりこふん

  • つかまわりこふん〔つかまはり〕

国指定史跡ガイドの解説


大阪府堺市堺区百舌鳥赤畑(もずあかはた)町にある円墳。大仙陵古墳(仁徳(にんとく)天皇陵)、上石津ミサンザイ古墳(履中(りちゅう)天皇陵)などを中心とする百舌鳥古墳群がある丘陵東側の一端に位置する。仁徳天皇陵の墳丘の中央くびれ部、東側濠外に隣接している。墳丘の規模は直径約32m、高さ約5m。立地ならびに出土遺物から、仁徳天皇陵の陪塚(ばいちょう)の1基と考えられ、百舌鳥古墳群の一つとして重要であることから、1958年(昭和33)に国の史跡に指定された。主体部は刳()り抜き式舟形木棺であることが判明。遺物は変形四獣鏡、変形五獣鏡の銅鏡2面、刀剣とともに硬玉勾玉(まがたま)、碧玉(へきぎょく)勾玉やガラス玉のほか、滑石で作られた勾玉・管玉(くだたま)・臼玉(うすだま)などの玉類が多数出土。とくに碧玉勾玉は非常に良質で形も大きく、貴重なものとされる。この古墳調査ではいろいろな論争が起こり、天皇陵関係の発掘に際しては慎重を要するという意見の端緒となったといわれる。JR阪和線百舌鳥駅から徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塚廻古墳の関連情報