河南町(読み)かなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河南〔町〕
かなん

大阪府南東部,金剛山地西麓の町。 1956年石川村,河内村,白木村,村の4村が合体して町制。近郊農業が発達し,野菜栽培が盛ん。ナスは特産物。ほかにハクサイ,早生イモ,イチゴなどを産する。山麓ではミカン,ブドウなどを栽培。金山古墳,および太子町にまたがる一須賀古墳群はともに国の史跡。また国の重要文化財の十一面観音立像などを所蔵する大念寺西行の墓のある弘川寺高貴寺などの名刹があり,東部一帯は金剛生駒紀泉国定公園に属する。国道 309号線が町域の南端と西端を通る。面積 25.26km2。人口 1万6126(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河南町の関連情報