塩化ベンゾイル(読み)えんかベンゾイル(英語表記)benzoyl chloride

  • 塩化ベンゾイル benzoyl chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学式 C6H5・COCl 。刺激臭のある無色液体で,沸点 197℃。ベンゾトリクロリドの部分加水分解,あるいは安息香酸五塩化リンまたはホスゲンとから合成される。ベンゾイル化試薬,過酸化ベンゾイルの原料として用いられるほか,いろいろな染料,薬品の合成原料,特にアントラキノン系建染め染料の合成中間体として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もっとも簡単な芳香族酸ハロゲン化物の一つ。刺激性のある無色の液体で,湿気の多い空気中で白煙を生じる。沸点197.2℃,融点-0.5℃。水と反応し,安息香酸C6H5COOHと塩化水素を生じる。クロロホルムやベンゼンには反応せず溶けるが,メチルアルコールやエチルアルコールとは反応し,安息香酸メチルエステルや安息香酸エチルエステルと塩化水素を生じる。製法は,安息香酸と五塩化リンまたは塩化チオニルSOCl2との反応による。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボン酸塩化物の一つ。刺激臭のある無色液体。
 安息香酸と塩化チオニルとの反応、または(トリクロロメチル)ベンゼン(α,α,α-トリクロロトルエン)の部分加水分解反応により合成する。水と徐々に反応して安息香酸と塩化水素になる。種々の有機化合物にベンゾイル基C6H5CO-を導入するベンゾイル化剤として、またアントラキノン系染料中間体原料として用いられる。催涙性があり、皮膚、目、粘膜を刺激する。[谷利陸平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

C7H5ClO(140.57).C6H5COCl.安息香酸に五塩化リンまたは塩化チオニルを反応させると得られる酸塩化物.刺激臭の強い無色の液体.融点-1 ℃,沸点198 ℃.1.219.1.5537.容易に加水分解して安息香酸に戻る.アルコール,フェノール,アミンなどと反応してベンゾイル誘導体をつくるので,ベンゾイル化剤として用いられる.[CAS 98-88-4]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android