コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩江 しおのえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩江
しおのえ

香川県中部,高松市南部の旧町域。香東川上流域,讃岐山脈北斜面にある。 1956年安原村,塩江村,上西村の3村が合体して町制。 2005年高松市に編入。徳島県境にそびえる大滝山山麓には塩江温泉,別荘団地,県民いこいの森などの保養地がある。また竜王山山麓にはキャンプ場がある。香東川河床に和泉層群と基盤の花崗岩類の不整合面が露出。内場ダム高松平野の農業用水,上水道の水源をなす。米作,野菜・花卉栽培が行なわれる。徳島県境の国有林地域ではヒノキなどを造林大滝大川県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩江
しおのえ

香川県中部、香川郡にあった旧町名(塩江町(ちょう))。現在は高松(たかまつ)市の南端部を占める一地区。1956年(昭和31)塩江、上西(かみにし)、安原の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)高松市に編入。香東(こうとう)川上流部の山村。国道193号が徳島県美馬(みま)市に通じ、徳島県との交流も盛ん。産業の中心をなす農林業は過疎のため沈滞気味であるが、カーネーション団地などの新しい試みもあり、近年ではシイタケ、クリや茶などの生産で活気を呈している。内場(ないば)ダムは用水事情の厳しい高松平野に水を供給するもので、県下最大の多目的ダムである。大滝山の県民いこいの森、不動の滝、塩江温泉などのレクリエーション施設も多い。[新見 治]
『『新修塩江町史』(1996・塩江町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

塩江の関連キーワード香川県高松市塩江町安原上高松市塩江美術館香川県高松市大西 虎之介須賀川(市)尾形 多五郎国民保養温泉香川(県)高松(市)香川[町]大西虎之介塩江[町]須賀川市宇津峰綾川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩江の関連情報