コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩江温泉 しおのえおんせん

3件 の用語解説(塩江温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩江温泉
しおのえおんせん

香川県中部,高松市南部にある徳島県境近くの温泉。8世紀に行基によって発見され,江戸時代から湯治場としてにぎわいをみせた。現在は国民保養温泉地に指定され,閑静な環境で人気を集め,四季を通じて行楽客が訪れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕塩江温泉(しおのえおんせん)


香川県高松(たかまつ)市南部、香東(ことう)川上流の讃岐(さぬき)山脈の山あいにわく行楽・保養向きの温泉。豊かな自然のなかの湯治場で「讃岐の箱根(はこね)」とも称される。徳島県境の大滝(おおたき)山(標高946m)山腹には県民いこいの森キャンプ場などの施設がある。単純硫黄泉(硫化水素型)。泉温18℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩江温泉
しおのえおんせん

香川県中部、高松(たかまつ)市にある温泉。香東(こうとう)川上流南岸にある。奈良時代に僧行基(ぎょうき)が発見したと伝えられる。周囲を山で囲まれた静かな温泉であるが、交通の便がよく、高松の奥座敷として利用者が多い。2002年(平成14)には国民保養温泉地に指定され、県外からも注目されるようになった。泉質は硫黄泉。[新見 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩江温泉の関連キーワード高松空港高松天満屋高松三越ゆめタウン高松高松市美術館高松市塩江美術館香川県高松市高松町香川県高松市南新町香川県高松市八坂町香川県高松市屋島中町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩江温泉の関連情報