コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩税 えんぜい gabelle

2件 の用語解説(塩税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩税
えんぜい
gabelle

ガベルとも呼ばれるフランス革命前の塩に対する課税。ガベルは消費税一般を意味していたが 15世紀以来塩税をさすようになった。塩に対する消費税であると同時に,塩の生産,流通,消費の国家による統制でもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんぜい【塩税】

塩を対象とする消費税。すでに古代ギリシア(トロイアトラキアなど)で行われており,共和政下のローマでは塩専売制がとられていた。中・近世ではフランスのガベルgabelleが有名である。はじめは領主や国王が自己の領地で領主権にもとづいて徴収していたが,14世紀半ばに主として戦費調達の必要から王権にもとづく徴収が開始され,ルイ14世塩税王令(1680)によって制度的確立をみた。塩売買の自由度,税率には大きな地域差があったが,王国の中心地域では塩は王立の塩倉を経由して公定価格で売買され,住民は塩倉で毎年一定量の塩(義務塩)を買って税を納めることを義務づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩税の関連キーワード物品税ギリシャ語ギリシャ文字一般消費税仕入控除税額消費税等ギリシア喜劇ギリシア科学《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone