コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏の夜の夢 なつのよのゆめA Midsummer Night's Dream

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏の夜の夢
なつのよのゆめ
A Midsummer Night's Dream

イギリスの劇作家シェークスピア喜劇。5幕9場。 1594~96年頃執筆。初版は 1600年の四つ折本 (クォート) 。アテネ郊外の森に貴族階級と職人階級と妖精たちが一つの劇世界をつくり上げる夢とファンタジーの喜劇。のちにメンデルスゾーンがつけた音楽でも有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

夏の夜の夢【なつのよのゆめ】

シェークスピア作の喜劇。《A Midsummer Night's Dream》。5幕。推定初演1595年または1596年。アテナイに住む4人の青年男女のくい違った恋愛関係が,森の中で,妖精パックの惚れ薬によって,さんざんもつれたあげくに,めでたくおさまるという話。
→関連項目ラインハルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なつのよのゆめ【夏の夜の夢 A Midsummer Night’s Dream】

イギリスの劇作家シェークスピアの喜劇。1595年ごろ創作。《真夏の夜の夢》と訳されることもある。おそらく貴族の結婚祝賀用に書かれたもので,五月祭夏至祭(6月24日)にまつわる民間伝承に題材を得ている。Midsummer Nightとは夏至祭の前夜あるいは当夜を指す。公爵の結婚式が目前に迫ったアテナイで,廷臣の娘ハーミアは父の選んだディミートリアスを嫌ってライサンダーを愛しているが,国法は父の命に背くことを厳禁しているので,二人は郊外の森に逃れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夏の夜の夢の関連キーワードアンジェラ プレザンスクロイツベルクオフィクレイドコートニッジハゼヤマ俊介ムヌシュキン記井沙也佳坂田真裕子川良じゅん清水まゆみミッチェル花田亜由美麻生絵里子菅野菜保之AYANA立川修也夏沢ゆきラッカム長岡善哉浜田光人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏の夜の夢の関連情報