コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜通り はまどおり

7件 の用語解説(浜通りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜通り
はまどおり

福島県東部の海岸地方をさす呼称。相馬市南相馬市いわき市と相馬郡,双葉郡からなる。西部は阿武隈高地の東斜面で,東部の沿岸に狭長な低地が連なる。古くは浜海道,東海道,海道とも称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はま‐どおり〔‐どほり〕【浜通り】

福島県阿武隈高地東部の太平洋沿岸一帯をいう。相馬市南相馬市いわき市の各都市がある。→中通り会津

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浜通り【はまどおり】

福島県東部,海岸部一帯の地域名。相馬・原町(現・南相馬市)・いわき3市と相馬・双葉の2郡からなり,西部は阿武隈高地で限られる。陸前浜街道が通じ,古くは海道,東(ひがし)海道,浜海道ともいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はまどおり【浜通り】

福島県東部の地域名。福島県を地勢をもとに東から浜通り,中通り会津地方の3地域に分けた場合の地域名の一つで,古くから関東から東北地方への通路である浜街道が通っており,その街道の通過する周辺地域としてこの名称が用いられる。浜海道,東(ひがし)海道,海道とも称した。現在,交通路としては国道6号線とJR常磐線が通じている。西部は阿武隈高地の東半部,東部は浜通り低地帯で,東は太平洋に臨む。全般的に,降水量は夏に多く冬に少ない太平洋側気候で,特に低地帯は中通り,会津地方と比較して夏涼しく冬温暖であり,県内で暖帯照葉樹林のみられるのはこの低地帯だけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はまどおり【浜通り】

海岸にある通り。
◇ 福島県東部、太平洋に面する地域名。関東と陸奥むつを結ぶ浜海道が通じていた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕浜通り(はまどおり)


福島県東部、太平洋岸の地方名。西部は阿武隈(あぶくま)高地に限られる。いわき・相馬(そうま)・南相馬の3市と双葉(ふたば)・相馬の2郡にあたる。阿武隈川・久慈(くじ)川流域の中通りに対する。中心はいわき市。古くから関東と陸奥(みちのく)を結ぶ要地で、浜街道・東(ひがし)街道ともよばれた。第二次大戦後、原子力発電所群が立地した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜通り
はまどおり

福島県東部の太平洋沿いの地域の呼称。いわき、南相馬(そうま)、相馬の3市と双葉(ふたば)、相馬の2郡の範囲。古くは東(ひがし)海道、浜海道といい、関東と陸奥(むつ)を結ぶ廊下的役割をなした。西から阿武隈(あぶくま)高地、丘陵、台地、沖積地となり西高東低の地形を示す。気候は中通り、会津に比して温暖である。交通はJR常磐(じょうばん)線、国道6号がほぼ並行して走る。また常磐自動車道が双葉郡富岡(とみおか)町までと、南相馬―相馬間が通じている。北部は農業が中心であるが、中央部から南部にかけては沿岸部に原子力発電所が建設され、いわき市を中心に工業も盛ん。面積は県全体の約22%、人口は約27%(2010)を占める。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浜通りの言及

【街道】より

…会津から南下する会津西街道は今市で日光道中に結ぶ。また奥州街道の岩沼から太平洋沿岸を南下するのは浜通りとも浜街道ともいい,相馬中村,磐城平を経て,勿来(なこそ)の関を越えて常陸に入り,水戸街道につながる。常陸側では磐城相馬街道である。…

【福島[県]】より

…【狐塚 裕子】
[3列の山地と低地]
 福島県は,ほぼ南北に並列する三つの山地と三つの低地から形成されており,全体としては山地・丘陵地が広い。山地は東から阿武隈高地,奥羽山脈と飯豊(いいで)山地・越後山脈であり,太平洋とそれらの山地の間に,東から浜通り低地帯(浜通り),中通り低地帯(中通り)および会津地方の会津盆地・田島盆地が南北に並列している。阿武隈高地は大部分が標高1000m以下の高原状地形であり,高地内には樹枝状谷が発達する。…

※「浜通り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜通りの関連キーワード中通り福島県東白川郡棚倉町北山本福島県福島市桜本福島県東白川郡棚倉町下山本福島県福島市滝元福島県東白川郡棚倉町中山本福島県東白川郡塙町塙福島県福島市本内福島県福島市本町福島県福島市森合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜通りの関連情報