大丸山古墳(読み)おおまるやまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

おおまるやまこふん【大丸山古墳】

山梨県東八代郡中道町上向山に所在する前方後円墳。甲府盆地南東部,笛吹川左岸の曾根丘陵上に,西南西面して築かれる。全長99m,後円部径47m,前方部幅34mをはかる。葺石をそなえ,埴輪を欠く。1929年に,後円部墳頂から,古墳主軸に平行する埋葬施設が発見された。施設は,花コウ岩製の石棺とその蓋石上面に築いた竪穴式石室とからなる。石棺内で人骨,石枕,鏡,玉類が,上部の石室内で短甲,刀剣,鉄鏃,農工具が出土した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android