コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大丸山古墳 おおまるやまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

おおまるやまこふん【大丸山古墳】

山梨県東八代郡中道町上向山に所在する前方後円墳。甲府盆地南東部,笛吹川左岸の曾根丘陵上に,西南西面して築かれる。全長99m,後円部径47m,前方部幅34mをはかる。葺石をそなえ,埴輪を欠く。1929年に,後円部墳頂から,古墳主軸に平行する埋葬施設が発見された。施設は,花コウ岩製の石棺とその蓋石上面に築いた竪穴式石室とからなる。石棺内で人骨,石枕,鏡,玉類が,上部の石室内で短甲,刀剣,鉄鏃,農工具が出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android