コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和神社 オオヤマトジンジャ

百科事典マイペディアの解説

大和神社【おおやまとじんじゃ】

奈良県天理市新泉町に鎮座。〈おやまと〉とも。旧官幣大社。倭(やまと)大国魂神,八千戈(やちほこ)神,御年(みとし)神をまつる。崇神天皇の時,宮中から移してまつったと伝え,大和国の地主神として大和国造大倭氏が司祭した。
→関連項目大物主神

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大和(おおやまと)神社

奈良県天理市にある神社。延喜式内社。祭神は倭大国魂神(やまとのおおくにたまのかみ)、八千矛神(やちほこのかみ)、御年神(みとしのかみ)。第2次世界大戦時の日本軍の戦艦大和は、艦内に当社の分霊を祀っていた。春の例祭「ちゃんちゃん祭り」が知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおやまとじんじゃ【大和神社】

奈良県天理市に鎮座。倭大国魂神,八千戈神,御年神をまつる。倭大国魂神は大和国の国土の霊,八千戈神は大国主神の別名,御年神は穀物の守護神。《日本書紀》に,倭大国魂神は天照大神とともに皇居に同床共殿でまつられていたが,崇神天皇のとき,神威をおそれ,天照大神は豊鍬入姫命に笠縫邑で,倭大国魂神は渟名城入姫(ぬなきいりひめ)命に市磯邑(いちしのむら)でまつらせたとあるのがその起源で,のち長尾市(ながおいち)を神主とし,さらに大倭氏が祭りをつかさどった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおやまとじんじゃ【大和神社】

奈良県天理市新泉町にある神社。祭神は倭大国魂神やまとおおくにたまのかみ・八千戈神やちほこのかみ・御年神みとしのかみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大和神社
おおやまとじんじゃ

奈良県天理市新泉(にいずみ)町に鎮座。祭神は倭大国魂神(やまとのおおくにたまのかみ)、八千矛神(やちほこのかみ)、御年神(みとしのかみ)の3座であるが、異説もある。『日本書紀』によれば、もと倭大国魂神は天照大神(あまてらすおおみかみ)とともに皇居に祀(まつ)られていたが、崇神(すじん)天皇のとき神威を恐れて、皇女豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)に天照大神を、皇女渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)に倭大国魂神を祀らせようとしたところ、渟名城入姫命は髪が落ち体がやせて祀ることができないので、神教により市磯邑(いちしのむら)の長尾市(ながおいち)に祀らせたのが起源であるという。同書の別伝では垂仁(すいにん)天皇のときとされている。本来の社地は別にあるとする説が有力であるが、その位置については異論が多く一定しない。『延喜式(えんぎしき)』では名神(みょうじん)大社、明治の官制では官幣大社。例祭は4月1日で、その神輿渡御(みこしとぎょ)は「ちゃんちゃん祭」といわれて有名である。『大倭神社註進状』という古記があるが、仁安(にんあん)2年(1167)の撰(せん)と称するその奥書は信じがたく、その成立を近世にまで引き下げる学者もある。[谷 省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大和神社の関連キーワード奈良県天理市新泉町奈良県天理市天理(市)福原清介平岡好国福原周峰十六社谷勤

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大和神社の関連情報