大多喜[町](読み)おおたき

百科事典マイペディアの解説

大多喜[町]【おおたき】

千葉県南部,夷隅(いすみ)郡の町。大部分は丘陵地で,夷隅川沿いの低地に水田が開ける。中心市街は本多・松平氏の城下町として発達,明治以後,幹線鉄道からはずれて衰微いすみ鉄道で外房,小湊(こみなと)鉄道で東京湾岸と連絡。昭和初期に開発された天然ガスとともに産出する地下かん水からヨードが製造される。タケノコシイタケ,イチゴなどを産する。129.87km2。1万671人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおたき【大多喜[町]】

千葉県南部,夷隅(いすみ)郡の町。人口1万2678(1995)。房総丘陵の山間部にあり,夷隅川,養老川の上流域を占める。中心集落の大多喜は夷隅川中流の沿岸にあり,近世は大多喜藩の城下町であった。明治以降も夷隅郡の行政・文化の中心であるが,現在は山間部をはじめ周辺地域の人口減少のため商業中心としての機能は低下している。農業は米作が中心で,関東一のたけのこの産地でもある。昭和初期から天然ガスの採取が行われ,同時に産出する地下かん水からヨードが製造されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android