コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学或問 だいがくわくもん

4件 の用語解説(大学或問の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大学或問
だいがくわくもん

熊沢蕃山著。2巻。『新政経済弁』『経済弁』『了介書』その他の名がある。貞享3 (1686) 年頃成立。『集義和書』『集義外書』などの集約で,彼の「時・処・位」に応じた経世論を展開し,幕政を批判している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいがくわくもん【大学或問】

江戸中期の経済政策書。熊沢蕃山著。2巻。貞享3年(1686)成立。人君の天職以下22か条にわたって経世済民政策を論じている。幕政批判を含む内容のため、蕃山が下総(しもうさ)国古河(こが)に幽閉される原因となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいがくわくもん【大学或問】

江戸前期の儒者熊沢蕃山が1687年(貞享4)ころに著作したもので,幕府がなすべき政策を21ヵ条にわたって論ずる。2巻。《経済弁》《治国平天下之別巻》などともいう。武士を土着させて農兵とすることを中心に,俸禄の世襲の廃止,参勤交代の緩和,新田開発の中止などを説いている。これが門人の旗本で大目付の田中孫十郎を経て幕府に提出され,この言論が因となって,蕃山は同年12月,下総古河に幽閉され,91年(元禄4)そこで死去した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大学或問
だいがくわくもん

熊沢蕃山(くまざわばんざん)が1686年(貞享3)から翌年にかけて著した政策論。2巻。「治国平天下之別巻(ちこくへいてんかのべっかん)」と副題があるように、人君・人臣の職責から始め、君主として行うべき「仁政」を具体的に展開している。兵農分離、蔵米知行(くらまいちぎょう)制を原則とする幕藩体制の下で、それと相いれない農兵論を主張、また仏法と神道(しんとう)を再興すべきことなどを述べた。87年12月、この書が幕府にとがめられ、蕃山は古河(こが)(茨城県)に幽居させられた。1788年(天明8)になって刊行されたが翌年発禁となった。『蕃山全集』第3巻、『日本思想大系』第30巻(熊沢蕃山)などに所収。[奈倉哲三]
『尾藤正英著『日本封建思想史研究』(1961・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大学或問の言及

【熊沢蕃山】より

…そして蕃山に好意をもっていたこれらの大名の死後,87年(貞享4)に幕府は処士横議を理由に蕃山を古河に禁固し,そこで死んだ。処士横議とは幕府がなすべき政策21ヵ条について論じた《大学或問(わくもん)》をさすのであろうが,その中の幕政に対する批判的議論よりも,当時〈心学〉とよばれたその学問を介して公卿や浪人が集合することを幕府が警戒したことが,蕃山に対する圧迫の原因であろう。蕃山の思想の中心は〈時・処・位〉論,すなわち状況に即して事を行うべしと説くところにあり,それを日本の国情に即して論じたところに特色があるといえるが,中国を基準としてそれを日本の現実に適用しようというのが基本姿勢であったから,あまり現実味のある議論とはいえない。…

※「大学或問」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone