コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島弓子 オオシマユミコ

3件 の用語解説(大島弓子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおしま‐ゆみこ〔おほしま‐〕【大島弓子】

[1947~ ]漫画家。栃木の生まれ。繊細な感受性、詩的な世界観で読者を魅了し、少女漫画第一人者と称される。特に短編にすぐれ、文学作品にも匹敵すると高い評価を得る。代表作「綿の国星」「バナナレッドプディング」「金髪の草原」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大島弓子【おおしまゆみこ】

漫画家。栃木県生れ。1968年《ポーラの涙》でデビュー。妊娠をテーマにした《誕生!》(1970年)は少女漫画界に衝撃を与えた。その後《雨の音がきこえる》《ジョカへ……》《バナナレッドのプディング》などにより,少女の自立を幻想的・抒情的に表現。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島弓子 おおしま-ゆみこ

1947- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和22年8月31日生まれ。昭和43年「ポーラの涙」でデビューし,「週刊マーガレット」「セブンティーン」などに作品を発表。53年「LaLa」に連載の子猫を主人公とした「綿の国星」は漫画ファン以外からも注目され,54年講談社漫画賞。平成20年飼い猫との日常を綴った「グーグーだって猫である」で手塚治文化賞。栃木県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大島弓子の関連キーワード小島功滝田ゆう馬場のぼる弘兼憲史水島新司山上たつひこ杉浦日向子所ゆきよし山田紳勝又進

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大島弓子の関連情報