コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大栄[町] たいえい

4件 の用語解説(大栄[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大栄[町]【たいえい】

千葉県北部,香取郡の旧町。下総(しもうさ)台地上の農村地域で,畑が広い。東は佐原市に,西は成田市に接する。東関東自動車道,国道51号線が通じ,成田市,佐原市(現・香取市)と連絡。

大栄[町]【だいえい】

鳥取県中部,東伯(とうはく)郡の旧町。由良川流域と北条砂丘帯とからなる。主集落の由良は藩の米倉のある港町として発達,山陰本線が通じる。水田と砂丘畑地利用の農業が中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいえい【大栄[町]】

千葉県北部,香取郡の町。人口1万2877(1995)。下総台地北部にあり,町の中央を利根川の支流大須賀川が北流する。中世は大須賀保の域内にあり,千葉氏の一族大須賀氏根拠地であった。畑作中心の農業の町で,サツマイモラッカセイの生産が多く,養豚も行われる。国道51号線が整備され,近年は西に接する成田市との結びつきが強まっている。工業団地もつくられている。東関東自動車道大栄インターチェンジがある。【千葉 立也】

だいえい【大栄[町]】

鳥取県中部,東伯郡の町。人口9416(1995)。日本海に面し,町域は大山火山灰土に覆われた丘陵地帯,旧潟湖の埋積平野,北条砂丘からなる。中心集落の由良は伯耆街道沿いの宿場町,由良川河口の港町として古くから発展し,江戸時代には鳥取藩の藩倉が置かれた。由良川河口には幕末につくられた反射炉と砲台の跡が残る。県下有数の農業地帯で米作,二十世紀梨栽培のほか,揚水灌漑を施した砂丘地でのナガイモアスパラガススイカの栽培が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大栄[町]の関連キーワード大栄三朝温泉倭文神社倉吉鳥取はわい北条公園ポート赤碕三朝・楽市楽座星闌干

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone