大橋宗桂(2)(読み)おおはし そうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋宗桂(2) おおはし-そうけい

1613-1660 江戸時代前期の将棋棋士。
慶長18年生まれ。大橋宗古の子。大橋本家3代。父の死後,京都から江戸にうつる。将棋所をついだが棋力は7段にとどまり,名人位は初代伊藤宗看(そうかん)にゆずられた。万治(まんじ)3年9月24日死去。48歳。京都出身。著作に「将棋曲尺(かねじゃく)」「象戯(しょうぎ)秘曲集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android