コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋宗桂(2) おおはし そうけい

1件 の用語解説(大橋宗桂(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋宗桂(2) おおはし-そうけい

1613-1660 江戸時代前期の将棋棋士。
慶長18年生まれ。大橋宗古の子。大橋本家3代。父の死後,京都から江戸にうつる。将棋所をついだが棋力は7段にとどまり,名人位は初代伊藤宗看(そうかん)にゆずられた。万治(まんじ)3年9月24日死去。48歳。京都出身。著作に「将棋曲尺(かねじゃく)」「象戯(しょうぎ)秘曲集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大橋宗桂(2)の関連キーワード大蔵虎明チャールズ伊達騒動チャールズインドシナ難民と神奈川県慶長遣欧使節団蓮華寺池日本スペイン交流400周年サン・ファン・バウティスタ号ロマノフ朝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone