コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋宗桂(2) おおはし そうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋宗桂(2) おおはし-そうけい

1613-1660 江戸時代前期の将棋棋士。
慶長18年生まれ。大橋宗古の子。大橋本家3代。父の死後,京都から江戸にうつる。将棋所をついだが棋力は7段にとどまり,名人位は初代伊藤宗看(そうかん)にゆずられた。万治(まんじ)3年9月24日死去。48歳。京都出身。著作に「将棋曲尺(かねじゃく)」「象戯(しょうぎ)秘曲集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大橋宗桂(2)の関連キーワードロマノフ朝ロマノフ朝古典主義ロマノフ朝ハインリヒ・ユリウスベトレンミハイル・ロマノフミーレフェルト回想録コーク(Sir Edward Coke)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android