コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洲[市] おおず

百科事典マイペディアの解説

大洲[市]【おおず】

愛媛県西部,伊予灘に面する市。1954年市制。大部分山地で,(ひじ)川が貫流予讃線が通じる中心市街は1617年以後加藤氏6万石の城下として発展,風光にすぐれる町として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおず【大洲[市]】

愛媛県西部,肱(ひじ)川中流域の大洲盆地を中心とする市。1954年大洲町と平野,南久米,菅田,大川,新谷,柳沢,三善,粟津,上須戒の9村が合体して市制。人口3万8937(1995)。城下町の形成される以前は道路交通と河川交通の交差点に発達した集落であった。1617年(元和3)以来の加藤氏6万石の城下町で,大洲城は肱川南岸の要害の地にあり,城下町はその西・南部に展開していた。大正年間以降の市街地は肱川の北岸肱北(こうほく)地区に展開したが,これは1913年肱川架橋が完成したことや,18年大洲~長浜間に開通した愛媛鉄道の駅が肱北の若宮地区に設置されたことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大洲[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大洲[市]の関連情報