コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洲[市] おおず

2件 の用語解説(大洲[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大洲[市]【おおず】

愛媛県西部,伊予灘に面する市。1954年市制。大部分が山地で,肱(ひじ)川が貫流。予讃線が通じる中心市街は1617年以後加藤氏6万石の城下として発展,風光にすぐれる町として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおず【大洲[市]】

愛媛県西部,肱(ひじ)川中流域の大洲盆地を中心とする市。1954年大洲町と平野,南久米,菅田,大川,新谷,柳沢,三善,粟津,上須戒の9村が合体して市制。人口3万8937(1995)。城下町の形成される以前は道路交通と河川交通交差点に発達した集落であった。1617年(元和3)以来の加藤氏6万石の城下町で,大洲城は肱川南岸の要害の地にあり,城下町はその西・南部に展開していた。大正年間以降の市街地は肱川の北岸肱北(こうほく)地区に展開したが,これは1913年肱川架橋が完成したことや,18年大洲~長浜間に開通した愛媛鉄道の駅が肱北の若宮地区に設置されたことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大洲[市]の関連キーワード駅家高梁長野盆地肱川アマゾニア大洲結城中山川肱川嵐清流の里ひじかわ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone