大洲[市](読み)おおず

百科事典マイペディア「大洲[市]」の解説

大洲[市]【おおず】

愛媛県西部,伊予灘に面する市。1954年市制大部分山地で,(ひじ)川が貫流予讃線が通じる中心市街は1617年以後加藤氏6万石の城下として発展,風光にすぐれる町として有名。かつては本蝋,良質の伊予糸を多産し栄えたが,現在は衰退。かつての桑園は水田,畑に変わり,米作,野菜栽培が行われる。肱川での鵜飼や秋の芋炊きは多くの観光客を集める。内子線,松山自動車道が通じる。2005年1月喜多郡長浜町,肱川町,河辺村を編入。432.22km2。4万7157人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「大洲[市]」の解説

おおず【大洲[市]】

愛媛県西部,肱(ひじ)川中流域の大洲盆地を中心とする市。1954年大洲町と平野,南久米,菅田大川新谷柳沢三善粟津,上須戒の9村が合体して市制。人口3万8937(1995)。城下町の形成される以前は道路交通と河川交通の交差点に発達した集落であった。1617年(元和3)以来の加藤氏6万石の城下町で,大洲城は肱川南岸の要害の地にあり,城下町はその西・南部に展開していた。大正年間以降の市街地は肱川の北岸肱北(こうほく)地区に展開したが,これは1913年肱川架橋が完成したことや,18年大洲~長浜間に開通した愛媛鉄道の駅が肱北の若宮地区に設置されたことによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android