コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石久敬 おおいしひさたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大石久敬
おおいしひさたか

[生]享保10(1725).9.20. 筑後久留米
[没]寛政6(1794).上野,高崎
江戸時代中期の農政家。高崎藩士。通称,猪十郎,字は士恭,号は厳華。郡役人として才能をふるい,藩命により『地方凡例録』 (11巻) を著わし,また小宮山昌世の『田園類説』を増補した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石久敬 おおいし-ひさたか

1725-1794 江戸時代中期の農政家。
享保(きょうほう)10年9月20日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩の大庄屋の養子となるが,百姓一揆(いっき)のため国をでる。天明3年上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩にむかえられ,のち郡奉行となった。藩主大河内輝和(てるやす)の命により,農政書「地方凡例(じかたはんれい)録」をかくが未完寛政6年11月17日死去。70歳。本姓は古賀。字(あざな)は士恭。通称は猪十郎。号は巌華。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大石久敬

没年:寛政6(1794)
生年:享保10.9.20(1725.10.25)
江戸中期の農政学者。筑後国(福岡県)久留米藩士古賀貞房の第5子。久留米在城島村(三潴郡城島町)の大庄屋大石貞治紹久の養子となり,17歳で大庄屋役を継ぎ,勘治久敬と名乗る。字は士恭,通称猪十郎。巌華と号した。宝暦4(1754)年,30歳のとき,領内の大庄屋,豪農,御用商人などを攻撃対象とする久留米藩の大一揆が起こり,百姓数万人が人別銀の廃止などを強訴した。藩は農民側のいい分を受け入れ,大庄屋25人を詮議中閉門処分としたうえ,御井郡御井村(久留米市)の大庄屋高松八郎兵衛を処刑した。この処分は,藩が幕府の戒告を恐れ,久敬ら5人の大庄屋にくじ引きで受刑者を決めさせた結果とする説もある。 処分を不当とした久敬は親戚と相談のうえ出奔,以後30年ほど諸国を流浪した。九州各地を経て大坂から京都に出て清閑寺秀定の青侍となり,次いで多くの公家に仕えたのち,近江,信濃,甲斐などを遍歴し江戸に入る。この流浪の間に農学,農政に精通したという。江戸で旗本の手代などを勤めていた天明3(1783)年59歳のとき,高崎藩士山本勘十郎の推挙で,同藩に召し抱えられた。禄は100石金17両,馬廻格で農村差配の郡方に配属され,同8年には郡奉行に昇進。寛政3(1791)年,藩主松平輝和から地方農政の沿革の著述を命ぜられ,『地方凡例録』全16巻の著述にとりかかる。同6年8月に11巻分の献本を終え,70歳で没した。残り5巻は未完のまま残された。<参考文献>大石慎三郎校訂・解説『地方凡例録』上下

(井上定幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおいしひさたか【大石久敬】

1725‐94(享保10‐寛政6)
江戸中期の農政学者,農政実務家。《地方(じかた)凡例録》の著者。字は士恭,号は巌華,通称猪十郎。九州久留米藩の生れ。城島村の大庄屋となるが1754年(宝暦4)の久留米騒動に関連して国を捨て,諸国を流浪の末83年(天明3)高崎藩に抱えられ,馬廻格郡方,郡奉行に進み,91年藩主松平輝和の命により《地方凡例録》の著述にかかり,94年8月6日に全16巻予定のうち11巻の献本を終わるが,残り5巻は未完のまま死亡。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおいしひさたか【大石久敬】

1721~1794) 江戸中期の農政家。久留米藩の出身。通称、猪十郎、号は巌華。高崎藩士。著「地方じかた凡例録」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大石久敬
おおいしひさたか
(1725―1794)

江戸中期の農政家。『地方凡例録(じかたはんれいろく)』の著者。筑後(ちくご)国(福岡県)久留米(くるめ)に古賀貞房(さだふさ)の第5子として生まれる。字(あざな)は士恭(しきょう)、号は巌華(がんか)、通称猪十郎(いじゅうろう)。7歳のとき城島(じょうじま)村(現東久留米市城島町)の大庄屋(おおじょうや)大石貞治紹久(さだはるしょうきゅう)の養子に入る。のち父の跡を継いで大庄屋となり、名を勘治久敬と改める。1754年(宝暦4)領内に大一揆(いっき)が発生するが、これを契機に出奔し、京都にて清閑寺(せいかんじ)大納言(だいなごん)秀定の青侍となる。以後諸国を流浪する身となったが、83年(天明3)久敬59歳のとき、高崎藩主松平輝高(てるたか)に馬廻格(うままわりかく)100石金17両で召し抱えられ、郡方(こおりがた)を担当する。88年には郡奉行(ぶぎょう)に昇進し、91年(寛政3)に至り藩主松平輝和(てるやす)の命により地方書の著述にとりかかる。その著『地方凡例録』は江戸時代の田制、租法をはじめ農政全般にわたる手引書として名高い。なお、16巻の予定のうち11巻は94年までに献本を終わるものの、その死により残り5巻が未完となった。[飯島千秋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

大石久敬 (おおいしひさたか)

生年月日:1725年9月20日
江戸時代中期の農政学者
1794年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の大石久敬の言及

【地方凡例録】より

…江戸時代の代表的な地方書。著者は高崎藩の郡奉行大石久敬(ひさたか)で,領主松平右京亮輝和の命をうけて執筆・献上し,書名も領主の命名という。全16巻を計画したが,11巻の献本を終えたところで病気がひどくなり,11巻の末に跋文を加えてもらったのが1794年(寛政6)11月である。…

※「大石久敬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大石久敬の関連キーワード由利海岸波除石垣五公五民生年月日地方三帳名寄帳地方書藩命秋成

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android