コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石神社 おおいしじんじゃ

世界大百科事典 第2版の解説

おおいしじんじゃ【大石神社】

兵庫県赤穂市にあり,大石良雄以下四十七士を主神とし,萱野三平(《仮名手本忠臣蔵》の早野勘平)を併せまつる。境内地は赤穂城内大手門近くにあった大石良雄の屋敷跡にあたる。1900年に創建の議が起こり,10年起工,13年に社殿が完成し,28年には無格社から県社に昇格。12月14日の義士祭には,四十七士に扮した行列が練り歩くなどの行事がある。【大隅 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大石神社

兵庫県赤穂市にある神社。創祀は1912年。祭神は赤穂四十七義士命、浅野家三代士霊、赤穂森家七代士霊。元禄赤穂事件で知られる浅野長矩(ながのり)や赤穂浪士などを祀る。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大石神社の関連キーワード吉田 奈良丸(2代目)兵庫県赤穂市上仮屋青森県弘前市大森大石良雄宅跡兵庫県赤穂市赤穂(市)山科・山階吉田奈良丸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android