コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石遺跡 おおいしいせき

世界大百科事典 第2版の解説

おおいしいせき【大石遺跡】

大分県大野郡緒方町大石にある縄文時代晩期の遺跡。大野川の支流にのぞむ準平原の台地上に立地し,1958‐66年に別府大学の5次の調査がおこなわれた。径7.8m,深さ3mの階段状に掘りくぼめた竪穴住居と推定したもののほか,数ヵ所の火床があって,平地住居と考えられる遺構や小児用甕棺などが見つかった。出土した土器は後期が若干みられるが,主体は縄文時代晩期初頭のものから,これにつぐ型式のもので,黒褐色の篦(へら)磨きした土器が多く,碗や各種の浅鉢と深鉢からなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

おおいしいせき【大石遺跡】


大分県豊後大野市緒方町にある集落跡。市内の緒方町を流れる大野川支流、十角(とすみ)川に沿った台地上、標高351mに位置する。1962年(昭和37)からの数次にわたる発掘調査の結果、集会所のように使われていたと思われる大規模な竪穴(たてあな)や径4mほどの複数の住居跡が検出され、多数の石器、縄文時代晩期を示す黒色磨研土器などが出土した。台地中央にある大竪穴は、直径7.8m、深さ2.8mの50人は収容可能な遺構で、周壁に土段が見られ、底には径2.8mの平坦部があり、硬玉製の勾玉(まがたま)が見つかった。石器は過半数を占める打製石斧(せきふ)のほか、石包丁形石器、石鎌形石器などが出土し、農耕に使われた道具であると推測されている。JR豊肥本線緒方駅から車で約42分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大石遺跡
おおいしいせき

大分県豊後大野(ぶんごおおの)市緒方町(おがたまち)大字大石にある縄文晩期の重要遺跡。1960年(昭和35)、62年の第一、二次の調査ののち、66年、67年の第三、四次の大調査が実施された。遺跡は九州第二の大野川の支流にできた河岸段丘に位置し、広大な面積にわたる集落址(し)である。住居地帯が台地の南東、西岸に存在し、その中央に広い空き地があった。この空き地の中央に直径8メートル、深さ3メートルの階段をもった大竪穴(たてあな)が発見された。中央の径3メートルの竪穴底は粘土の階段でつなぐ構造で、50人近くを収容できる。遺物は縄文晩期式の黒色研磨土器を主に、石包丁形石器、扁平石斧(へんぺいせきふ)(鍬)などを多く出土。籾圧痕(もみあっこん)のある土器の発見など縄文農耕論の中心遺跡として、また珠玉(勾玉(まがたま)など)の出土でも注目されている。[賀川光夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone