大竹市(読み)おおたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大竹〔市〕
おおたけ

広島県南西端,広島湾西岸にある市。 1954年大竹町,玖波町,小方町の3町と栗谷村,友和村の一部が合体して市制。東隣の廿日市市西部に飛び地がある。中心市街地の大竹はかつて広島藩境の宿駅の所在地,その北方の小方は漁港,玖波は山陽道の宿場町として繁栄。背後の傾斜地で産するコウゾミツマタ小瀬川の清流を利用して手すき和紙の生産が興り,現在も障子紙,温床紙,傘紙を製造する家内工業や製紙・パルプ工業が行なわれる。 1934年化学繊維工場の進出後,近代工業都市として発展。第2次世界大戦後は山口県岩国市と結ぶ石油化学コンビナートが形成された。小瀬川中流には奇岩,怪石で知られる弥栄峡がある。南方沖合いにハマチ養殖で知られる阿多田島がある。市域北部は三倉岳県立自然公園に属する。 JR山陽本線,国道2号線が通じ,山陽自動車道インターチェンジがある。面積 78.66km2。人口 2万7865(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大竹市の関連情報