コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風儀 フウギ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐ぎ【風儀】

風習。しきたり。ならわし。「昔の風儀
行儀作法。態度。
「生徒の―は、教師の感化で正していかなくてはならん」〈漱石坊っちゃん
風紀(ふうき)」に同じ。
「男女の―が恐しく乱れて居る」〈風葉・恋ざめ〉
能などで、演じ方。
容姿。様子。
「流石―は花の香」〈浮・桜陰比事・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうぎ【風儀】

行儀作法。しつけ。 「 -の好ささうな家/渋江抽斎 鷗外
ならわし。習慣。 「此-は独り政府のみに限らず、商家にも学塾にも…行はれざる所なし/学問ノススメ 諭吉
風紀ふうき」に同じ。 「女学生の-が甚ひどく乱れたといふ/うづまき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

風儀の関連キーワード植崎九八郎上書万里小路充房道(思想)一つ着る物白石正一郎普茶料理渋江抽斎井伊直弼藤原兼家ハイカル細川頼之仁明天皇建仁寺豊後節女学生茶屋者和学法岸町風宗風

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android