コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗅脳 きゅうのうrhinencephalon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嗅脳
きゅうのう
rhinencephalon

脳における嗅覚に関係する領域で,動物では発達しているが,ヒトでは,大脳半球底面において前頭葉から側頭葉にかけて存在する痕跡的な部分。嗅球,嗅索,嗅三角から成る前部と,前有孔質と終板傍回から成る後部に分けられる。広義にはさらに脳弓を加えたものをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐のう〔キウナウ〕【嗅脳】

大脳底部の嗅覚に関与する領域。嗅神経の入ってくる部分にある。旧皮質に属し、両生爬虫(はちゅう)類では広く占めるが、人間では退化して小さい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうのう【嗅脳 rhinencephalon】

大脳の一部で,嗅覚に関与する狭義の嗅脳(嗅葉,前有孔質,扁桃体,梨状葉などが含まれる)と,それに情動や性的機能が加わり複雑に発達した広義の嗅脳(海馬とその隣接領域が含まれる)とがあり,つねに同じ意味で語られているわけではない。動物の進化にともない左右大脳皮質を連絡する繊維(脳梁)が嗅脳の背側に発達するので,両生類,爬虫類では脳表面から見えるが,ヒトの嗅脳は外側からはほとんど見ることができない。なお狭義の嗅脳は,水中生活をするクジラ類では発達が悪く,消失している場合もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうのう【嗅脳】

大脳半球の底の部分で嗅覚に関係する領域。古皮質に属し、下等な動物ほどよく発達し、ヒトでは著しく退化している。広義の嗅脳は大脳辺縁系の大部分を含み、本能や情動行動に関係している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の嗅脳の言及

【大脳皮質】より

… 以上は新皮質(等皮質または同種皮質)と呼ばれる大脳皮質の基本的構造であるが,そのほかに,発生のいかなる時期にも定型的6層形成を示さない古い皮質(不等皮質または異種皮質)と呼ばれる領域がある。嗅脳(広義)と呼ばれる領域は後者に属する。
[皮質区分と機能局在]
 大脳皮質は部位的構造に差異があり,20世紀初頭にキャンベルA.W.Cambell,ブロードマンK.Brodmann,フォークトC.& O.Vogt,エコノモC.von EconomoとコスキナスG.N.Koskinasらによって,ヒトや動物の皮質の構築学的研究がなされた。…

【大脳辺縁系】より

…本来,嗅覚(きゆうかく)との関連において発達をとげた脳の系統発生的に古い皮質部分で,おおよそ広義の嗅脳に相当する。辺縁系という用語は主として比較解剖学的研究を基にして名づけられた辺縁葉limbic lobeに由来するが,この辺縁葉という言葉は,1878年P.ブローカが,室間孔の周囲を環状にとりまいている脳の中心部分に対してle grand lobe limbiqueという名称を与えたのに始まるとされている。…

※「嗅脳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嗅脳の関連キーワードスミス(Sir Grafton Elliot Smith)グラフトン・エリオット スミス大脳辺縁系感覚野古皮質大部分前交連かぐ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嗅脳の関連情報