コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西浄清 おおにしじょうせい

百科事典マイペディアの解説

大西浄清【おおにしじょうせい】

江戸初期の釜(かま)師。京都三条釜座に住み,京都大西家の第2代。端正に仕上げた薄作り砂肌の茶湯釜が特色。古田織部小堀遠州らの愛顧を受けた。後に子の定林とともに江戸に出て,1656年に幕府の御用釜師となった。
→関連項目宮崎寒雉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西浄清 おおにし-じょうせい

1594-1682 江戸時代前期の釜師。
文禄3年生まれ。京都大西家2代。薄作りを得意とし,肌はおおくは砂肌。古田織部(おりべ),小堀遠州らの釜師として知られた。明暦2年幕府の御用釜師となる。釜のほかに,日光東照宮の灯籠(とうろう)や,品川寺(東京都)の梵鐘(ぼんしょう)などがのこる。天和(てんな)2年9月6日死去。89歳。山城(京都府)出身。名は村長。通称は五郎左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大西浄清

没年:天和2.9.6(1682.10.6)
生年:文禄3(1594)
江戸初期の釜師。大西家は京都の三条釜座に住した鋳物師で,名越三昌の弟子となった浄林を初代とする。浄清はその2代目で,浄林の弟あるいは親族と伝える。名は村長,通称五郎左衛門。大西家第一の名手といわれ,古田織部に従って,子の定林と共に江戸に下り,以後京都,江戸を往復し,明暦2(1656)年,幕府御用釜師となった。また定林は江戸に定住し,江戸大西家の初代となっている。作風は釜の厚身をおさえた薄作を得意とし,肌は多くはきめの細かい砂肌である。大西家では共箱(作者自ら自作であることを墨書した箱)のあるのはこの浄清より始まるとされ,鑑定も行い,鑑定状も出したという。釜以外では承応2(1653)年銘日光東照宮大猷院廟前の銅灯籠,明暦3年銘東京品川寺梵鐘,万治3(1660)年銘東京栄興寺梵鐘などがある。<参考文献>香取秀真『新撰茶之湯釜図録』,同『江戸鋳師名譜』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおにしじょうせい【大西浄清】

1594‐1682(文禄3‐天和2)
江戸初期の釜師。大西家の2世で,初世浄林の弟(一説に親族関係)。通称五郎左衛門。大西家一番の上手とされる。釜師名越三昌(一説にその弟家昌)に釜作を学び,茶匠古田織部,小堀遠州などの愛顧を受けた。作風は薄作りを得意とし,多く砂肌。羽落(はおち)は少なく,毛切(けきり)が多い。普通,鐶付(かんつき)には肌を入れないが,浄清は鐶付にも入念に肌を入れ,総体にきれいな釜作をした。茶の湯釜のほかに日光大猷院前銅灯台,品川東海寺の梵鐘なども手がけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大西浄清
おおにしじょうせい
(1594―1682)

江戸時代の釜師(かまし)。名は村長、通称を五郎左衛門といい、南山城(京都)広瀬村の人。京都の釜師大西派の2代目。浪越(なみこし)家昌の門人で、薄づくりを得意にして、古田織部(おりべ)、小堀遠州(えんしゅう)、片桐(かたぎり)石州らに愛された。彼の鋳造による釜のうち織部底と称するものは、古田織部の好みから製作されたという。釜のほかに日光山大猷院霊廟(だいゆういんれいびょう)前銅灯、武蔵(むさし)品川寺鐘、武蔵栄興寺鐘なども現存する。晩年は関東に移り、大西派は東西両家に分かれた。なお、彼の弟子の浄雲、浄久はいずれも名手として知られ、京都大西派では6代目の浄元が有名である。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大西浄清の関連キーワード大西清右衛門美術館香取秀真

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android