コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井松次郎 しらいまつじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白井松次郎
しらいまつじろう

[生]1877.12.13. 京都
[没]1951.1.23.
実業家。松竹株式会社創立者の一人。大谷竹次郎の双子の兄として生れたが,京都夷谷座売店主白井亀吉の養子となる。京都歌舞伎座座主となり,1902年,弟の竹次郎とともに松竹合名会社を設立。大阪の朝日座,文楽座の経営にたずさわり,人形浄瑠璃と歌舞伎の復興に尽力。 20年松竹キネマを設立,また松竹楽劇部を創立し,のちの松竹歌劇団 SKDの基礎をつくった。 32年,大阪歌舞伎座を開場。第2次世界大戦後も,各地で劇場の再建に努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しらい‐まつじろう〔しらゐまつジラウ〕【白井松次郎】

[1877~1951]実業家。京都の生まれ。弟の大谷竹次郎とともに松竹合名会社・松竹キネマを創立。歌舞伎座・大阪歌舞伎座・文楽座など多くの劇場を経営するなど、演劇・映画界で広く活躍。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井松次郎 しらい-まつじろう

1877-1951 明治-昭和時代の実業家。
明治10年12月13日生まれ。大谷竹次郎は双生児の弟。明治35年兄弟の名前の頭文字をとった松竹合名社を設立。以後,松次郎は関西を,竹次郎は東京を中心に活動し,多数の劇場を傘下におさめて興行界に一大勢力をきずく。大正9年松竹キネマ合名社を設立して映画にも進出。昭和6年松竹興行社長,12年松竹会長。昭和26年1月23日死去。73歳。京都出身。旧姓は大谷。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しらいまつじろう【白井松次郎】

1877‐1951(明治10‐昭和26)
興行師。京都生れ。大谷竹次郎とは双生児で,その兄。1897年京都夷谷座(えびすざ)売店主白井亀吉の養子となる。劇場の中売りから身を起こし,1902年弟竹次郎と兄弟の名をとって松竹(まつたけ)合名社を設立,京都,大阪,東京の劇界を席捲,20年には松竹(しようちく)キネマ合名社を創立して映画にも進出,それまでやくざ稼業,水商売といわれた演劇興行を,実業に変革し,松竹の礎を築いた。【野口 達二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しらいまつじろう【白井松次郎】

1877~1951) 実業家。京都生まれ。実弟大谷竹二郎とともに松竹合名会社・松竹キネマを創設し、文楽座・歌舞伎座を復興するなど演劇興行界に貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白井松次郎の言及

【松竹[株]】より

…演劇・映画・演芸の製作,興行を主とした興行資本。1902年白井松次郎大谷竹次郎の双生児の兄弟が,名まえの頭文字を組み合わせて創立した松竹(まつたけ)合名社が成長したもの。京都の劇場の中売りから身をおこし,創立の年に阪井座を経営,新派俳優静間小次郎と提携,京都・明治座に進出,06年には初世中村鴈治郎と提携して大阪へ進出,同時に京都・南座を直営して,まず京都を中心に礎を固めた。…

※「白井松次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白井松次郎の関連キーワード竹本春子大夫(3世)大谷 竹次郎野沢松之輔松竹(株)松竹[株]昭和時代新国劇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android