コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆伐 カイバツ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ばつ【皆伐】

[名](スル)森林などの全部の木をきること。また、開発などのため、きり尽くすこと。「原始林を皆伐して土地を開く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいばつ【皆伐 clear cutting】

林を一時に全部切ること。木材を生産するために林を育てる場合,林全体を切って新たに次の世代の木を植えこむ方法と,一部の木を切りながら次の世代の木を逐次育てていく方法がある。前者の場合には最終的に林全体を切る年が予定されており,これを伐期とよんでいる。伐期に達した林を切ることを間伐に対して主伐とよんでおり,皆伐作業では主伐,間伐がはっきり区別できる。実際には,ごく細い木,幹が空洞になった木,また熱帯林で市場価値のない樹種などが残されることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皆伐
かいばつ

森林を構成する林木の全部または大部分を一時に伐採し収穫すること。一斉に伐採するので、伐採、造林の技術が比較的容易で確実であり、その時点での経済性も優れているため、林業とくに人工林の経営では広く行われている。しかし皆伐すると、林地が一時に露出して肥沃(ひよく)な表土や腐植が流出し、林地の生産力を害したり、跡地の造林地が気象災害や病虫害を受ける、生態系を破壊するといった弊害がおきやすい。とくに皆伐を大面積に行ったり短期間に頻繁に繰り返したりすると、その弊害も著しい。そのため、土地の条件に応じて皆伐面積の制限、皆伐繰り返し期間の延長、皆伐以外の伐採方法の採用などを考慮する必要がある。[蜂屋欣二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

皆伐の関連キーワード森林災害葉枯らし天然更新風致林上高地原始林チーク択伐林一斉林択伐傘伐

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皆伐の関連情報