コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇形児 キケイジ

デジタル大辞泉の解説

きけい‐じ【奇形児】

奇形を有する小児

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きけいじ【奇形児】

奇形を有する小児。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奇形児
きけいじ

胎生時に発生した形態異常のまま生まれた小児のことをいい、出産時の障害による形態異常や出生後の発育障害とは区別されている。なお、出生時から存在する機能的異常や生化学的異常も含めた場合には、先天異常とよんでいる。[新井正夫]

成因

遺伝的要因(内因)と環境的要因(外因)の二つに大別される。遺伝的要因は胚そのもの(卵子または精子)の異常によるもので、一次性奇形または内因性奇形とよばれ、遺伝する傾向がある。いわゆる遺伝的形態異常として知られる遺伝病が、これに含まれる。
 環境的要因は、胎児が発育する途中でおこった胎内環境の異常、すなわち感染、中毒、外傷など外部からの障害によるもので、二次性奇形または外因性奇形とよばれ、近年は病気や薬剤などの環境因子によるものが、問題になってきた。たとえば、妊娠初期に母体が風疹(ふうしん)にかかると、その子に心奇形や小頭症などの発現がみられるほか、サイトメガロウイルスや単純ヘルペスウイルスなどによるウイルス性疾患なども、催奇形因子と考えられている。また物理的因子としては、放射線や低酸素などが注目されており、化学的因子としてはサリドマイドなどの薬剤のほか、いろいろな催奇形性をもつ化学物質が知られている。[新井正夫]

分類

臨床的に二重体と単体奇形に大別される。二重体はいわゆる重複奇形で、体の一部が連絡しているものをいう。いわゆる「シャム双生児」はその例である。単体奇形は正常に卵割して発生した個体にみられるもので、小頭症や小脳症などの大きさの異常、右心症や停留睾丸(こうがん)などの位置の異常、ヒルシュスプルング病や鎖肛(さこう)などの内腔(ないくう)の異常、そのほか口蓋裂(こうがいれつ)や多指症、合指症など、多くの種類が含まれる。
 発生頻度については多くの報告で多少の差があり、環境などによる差もあるが、全体で2.5%といわれる。そのうち、大きな形態異常があり生存できないケースが0.5%、また生存のうち、臨床的に治療対象となりうるものと、そうでない場合に分けると、それぞれの場合が1%といわれる。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

奇形児の関連キーワードサリドマイド事件ダイオキシン類W. レンツダイオキシンサリドマイド催奇形性物質劣化ウラン弾12の椅子枯れ葉剤小頭症奇形死産

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奇形児の関連情報