コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良専二 ならせんじ

6件 の用語解説(奈良専二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良専二
ならせんじ

[生]文政5(1822).讃岐
[没]1892.5.4. 秋田
明治前期の代表的な篤農家で,船津伝次平中村直三とともに「明治の三老農」と称された。香川,千葉の県庁,三田育種場などに勤務して勧農事業に励んだ。一本稲の多収性に注目,そのなかから正奈良稲と大奈良稲を選抜した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奈良専二【ならせんじ】

明治三老農の一人。讃岐(さぬき)の人。一本稲(奈良稲)を普及させ,砕土器,甘蔗圧搾器,猫車(運搬用一輪車)等を発明。イネの虫害防除や西洋野菜栽培にも貢献。のち千葉・秋田両県で米作改良に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良専二 なら-せんじ

1822-1892 幕末-明治時代の農村指導者。
文政5年9月13日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人。稲の優良品種,奈良稲を育成し,普及させた。維新後は砕土器や甘蔗(かんしょ)圧搾器の発明,改良をおこない,千葉・秋田県など各地で農事指導にあたった。明治25年5月4日死去。71歳。著作に「農家得益弁」「新撰米作改良法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奈良専二

没年:明治25.5.4(1892)
生年:文政5.9.13(1822.10.27)
中村直三,船津伝次平と共に明治三老農と呼ばれた。讃岐国三木郡池戸村(香川県三木町)の組頭奈良佐四郎の長男。少年時代近郷の私塾に学び,数理に長け機械工作に才能を示し,また農事に親しんだ。弘化年間(1844~48)一本稲を選抜し,奈良稲と名づけ普及させる。嘉永4(1851)年池戸村組頭となり,次いで香川県勧業掛,副戸長など公職を務めるかたわら,農具の改良,発明にも力を注ぎ,精米機の工夫,毛引車の改良,甘蔗圧搾機の改良などを行い,明治1(1868)年には「ころまぐわ」と呼ぶ一種の畜力砕土器を発明,農民の労力軽減,能率向上に尽くした。10年東京で開かれた第1回内国勧業博覧会に著書『農家得益弁』(稿本)と「ころまぐわ」を出品,賞を受けたのが契機となり全国的に活躍するようになる。15年の共進会では米作改良の功で農商務卿から功労章を授けられた。16年家業を養子栄太郎に譲って上京,農務局三田育種場に勤めて研鑽を積み,18年には千葉県の招きで農務課員となり米作改良に尽力。23年秋田県仙北郡花館村(大曲市)の地主佐々木多右衛門らの招きで同地に赴き,農事改良を指導,同村で客死。<参考文献>須々田黎吉「『新撰米作改良法』解題」(『明治農書全集』2巻)

(田口勝一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ならせんじ【奈良専二】

1822‐92(文政5‐明治25)
明治前期の三老農の一人。讃岐国(香川県)出身。1872年(明治5)から89年までの間,香川県庁,三田育種場,千葉県庁に勤め農事の普及指導にあたった。晩年秋田県花館村(現,大曲市)の佐々木太衛門に招かれ同地で活躍中没した。水稲の優良品種〈正奈良稲〉〈大奈良稲〉などの選抜育成,砕土機や甘蔗圧搾器ほか各種農具の改良くふう,害虫防除をはじめ各種作物の栽培指導に功績があった。著書に《農家得益弁》《新撰米作改良法》《蒟蒻(こんにやく)栽培調理法》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良専二
ならせんじ
(1822―1892)

明治期の篤農家、農業技術者。讃岐(さぬき)国三木郡池尻村(香川県三木町)生まれ。若くしてイネの優良種を選抜し、奈良稲とよばれ、近隣に普及した。明治になって香川県勧業係付属となり、1877年(明治10)第1回内国勧業博覧会に自選のイネ、改良農具および稿本『農家得益弁』を出品して受賞、この間、砕土器、甘蔗(かんしょ)圧搾器、運搬車などの改良を行った。84年三田育種場雇となる。翌年『農家得益弁』が出版され、また千葉県巡回教師に迎えられて指導にあたり、これを『新撰(しんせん)米作改良法』として出版した(1888)。その後秋田県の有志に招かれて赴き、同地で没した。
 彼の本領は選種であるが、メイチュウ防除指導や西洋野菜・果樹や大麻(たいま)、コンニャクなどの栽培指導も広く行った。[福島要一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奈良専二の言及

【老農】より

…また農会をつうじて老農の優れた経験的な技術の深化と普及が進むなど,明治農法の基礎が固まった。 著名な老農には,イネの品種改良や耕種改善に功のあった中村直三奈良専二,勧農社を組織して馬耕教師と抱持立犂(かかえもちたちすき)を全国にひろめた林遠里,駒場農学校から農商務省の巡回教師となった船津伝次平,勤倹力行を鼓吹した石川理紀之助などがおり,とくに中村,船津,奈良(あるいは林)を明治三老農という。しかし老農も,90年代に農科大学や農事試験場などが整備され,近代的な輸入農学が消化されると,しだいに活躍の場も狭くなっていった。…

※「奈良専二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奈良専二の関連キーワード中村直三船津伝次平嘉平次平と共に中村伝次郎(3代)中村伝次郎(5代)松本三郎兵衛富士見[村]三老農中村伝次郎(5世)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone