氏人(読み)ウジビト

世界大百科事典 第2版の解説

うじびと【氏人】

日本古代における氏の構成員。同種のことばに,〈うから,やから〉(族)があるが,これが血縁的社会的な氏族共同体の族員をさすのに対して,〈うじびと〉は,政治制度としての氏の構成員で,氏上(うじのかみ)にひきいられる一定範囲の人々をさし,氏上とおなじ氏姓を称する。允恭天皇のとき,盟神探湯(くかたち)によって,氏姓の乱れを正したというが,実際に氏人の範囲を法的に定めたのは,664年(天智3)大氏・小氏・伴造の氏を定め,これによって670年,庚午年籍(こうごねんじやく)を作成したときからであり,これによって氏上とそれにひきいられる氏人の範囲が登録された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うじびと【氏人】

古代、氏を構成した人。氏の上かみを中心に血縁的関係による集団を形成、同一の氏と姓かばねを称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うじ‐うど うぢ‥【氏人】

〘名〙 「うじびと(氏人)」の変化した語。
神道名目類聚抄(1699)五「氏人(ウチウト)

うじ‐びと うぢ‥【氏人】

〘名〙 (「うじひと」とも)
① 氏族の構成員。同姓を名乗り、氏の上(かみ)に率いられて氏神をまつり、相互に強い連帯意識をもつ。
※万葉(8C後)一八・四一〇〇「もののふの八十氏人(うぢひと)も吉野川絶ゆることなく仕へつつ見む」
② 一定の神官職につかないが、氏神の祭に参集し、奉仕する人。
※実隆公記‐文明八年(1476)八月二三日「抑今日賀茂社炎上、氏人卅余人死云々」

うじ‐んど うぢ‥【氏人】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の氏人の言及

【氏子】より

…こんにち神社神道では信者に相当する総称として〈氏子〉を用いるが,狭意には各神社の慣習的な祭祀圏を〈氏子場〉ないし氏子区域と称し,その圏内の居住者を〈氏子〉,圏外からの信者を〈崇敬者〉と呼ぶ。本来,氏神と氏子の関係は古代社会における氏族集団の成員(氏人(うじびと))とその守護神(氏の神)に由来し,中世以来の氏族制社会の崩壊と郷村制社会の成立発展に即してその意味内容が変化したものである。文献上,氏族祭祀は《続日本紀》和銅7年(714)2月の条に初見があり,大倭忌寸(やまとのいみき)が〈氏上〉(族長)として神祭を命ぜられているが,記紀神話その他の古典からして,少なくとも古墳時代以来の氏族祭祀は推定できる。…

※「氏人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氏人の関連情報