コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥只見ダム おくただみダム

5件 の用語解説(奥只見ダムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥只見ダム
おくただみダム

福島県南西部,新潟県境にある発電専用ダム阿賀野川支流只見川の上流にあり,1961年完成。重力式コンクリートダム (→重力ダム ) で,堤高 157m,堤頂長 475m,満水時の湖面標高は 750m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奥只見ダム【おくただみダム】

福島・新潟県境を流れる只見川上流に1960年完成した重力ダム。堤高157m,堤長480m,貯水池の銀山湖(奥只見湖)は有効貯水量4億5800万m3。最大出力36万kWの奥只見発電所がある。
→関連項目銀山平徳山ダム檜枝岐[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

奥只見ダム

新潟県魚沼市、福島県南会津郡桧枝岐(ひのえまた)村にまたがる地区、阿賀野川水系只見川に位置する発電用のダム。1960年竣工の直線重力式コンクリートダムで、総貯水量は601,000,000立方メートル。1,150ヘクタール湛水面積は日本有数。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おくただみダム【奥只見ダム】

只見川上流の福島県南会津郡檜枝岐(ひのえまた)村に1961年電源開発によって完成された発電専用ダム。形式は重力ダムで,高さはこの形式では日本最高の157m。堤頂長480m,堤体積163万m3,貯水池の湛水(たんすい)面積11.5km2,容量は日本最大で,総貯水量6億m3,有効貯水量4億6000万m3。併設の奥只見発電所の最大出力は36万kWである。豪雪地帯であること,右岸側の岩盤に風化しやすいシルト岩や蛇紋岩があったことなど,工事には多くの技術上の困難が伴った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥只見ダム
おくただみだむ

福島県南会津(あいづ)郡檜枝岐(ひのえまた)村と新潟県魚沼(うおぬま)市の県境にある只見川最上流の発電用ダム。ダムの高さ157メートル、長さ480メートル。このダムによって、湛水(たんすい)面積11.5平方キロメートル、総貯水量6億0100万立方メートル、有効貯水量4億5800万立方メートルの銀山湖(奥只見湖)とよばれる人造湖ができた(なお電源開発で著名な猪苗代(いなわしろ)湖の有効貯水量は3億3300万トンである)。発電所は魚沼市側の地内のダム下流側に地下40メートルまで掘削して設けられた。有効落差170メートル。毎秒249立方メートルの水を落とし、最大出力は56万キロワットである。奥只見湖は夏季と冬季の2回の渇水期に放流する調整池の機能をもち、只見川水系に設けられた十数余の発電所全体を有効に機能させている。ダムの建設は1950年(昭和25)の全国総合開発法に基づく特定地域開発計画の一環として進められ、実際の事業は電源開発会社が行った。1954年に工事を始め、ダムと発電所が完成したのは1961年であった。工事は、新潟県小出(こいで)町(現、魚沼市)を拠点として、トンネル部分18キロメートルという資材輸送路をつくることから始められた。現在この道路は奥只見シルバーラインとよばれる観光道路となり、また国道352号が湖の南縁を走る。[渡辺四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥只見ダムの言及

【ダム】より

…高さ285m)が最高で,シャスタ・ダム(アメリカ。高さ183m),奥只見ダム(福島県。高さ157m),佐久間ダム(愛知・静岡県境。…

※「奥只見ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥只見ダムの関連キーワード福島県南会津郡檜枝岐村居平福島県南会津郡檜枝岐村入畑福島県南会津郡檜枝岐村上ノ台福島県南会津郡檜枝岐村上ノ原福島県南会津郡檜枝岐村切払福島県南会津郡檜枝岐村左通福島県南会津郡檜枝岐村下ノ原福島県南会津郡檜枝岐村滝沢福島県南会津郡檜枝岐村福島県南会津郡檜枝岐村見通

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥只見ダムの関連情報