コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女川原発

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

女川原発

1984年に1号機が運転開始。3月11日の震災で1~3号機とも自動停止した。揺れ耐震指針想定を超えた。約13メートルの津波に襲われたが、海面から14・8メートルの高さにあった主要施設は甚大な被害は免れた。

(2011-05-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

女川原発

東北電力が女川での原発建設を決めたのは1968年。地元の漁師を中心に反対運動が起きたが、町漁協が補償金を受け入れるなどし、79年に本格着工。反対派は81年に運転差し止め訴訟を仙台地裁に起こした。84年に運転を始めたが、訴訟は2000年まで続いた(最高裁棄却)。95年に2号機、02年に3号機が稼働。11年の震災では13メートルの津波に襲われ、5回線あった外部電源が1回線を除いて喪失。2号機の原子炉建屋の地下が浸水するなどの被害が出た。東北電は13年、2号機について国の適合審査を申請。来年4月以降の再稼働をめざしていたが、延期を決めた。

(2016-11-21 朝日新聞 朝刊 宮城全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

女川原発の関連キーワード揺れる原発耐震指針原子力規制委員会プルサーマル福島第一原発再処理工場貞観津波

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女川原発の関連情報