コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

威海 いかい

百科事典マイペディアの解説

威海【いかい】

中国の山東省山東半島東端,渤海湾口の港湾都市。旧名威海衛。明代,倭寇(わこう)防御のため衛所を築いたところで,1887年,清の北洋海軍の基地となり,1895年日清戦争中に日本が占領。
→関連項目山東半島下関条約租借地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いかい【威海 Wēi hǎi】

中国,山東省の市。人口42万(1994)。かつては威海衛と称した。烟台地区に属する。山東半島の北東端にある。湾と島で天然の要塞をなす良港をもつ。明代倭寇の跳梁に対し半島には多くの防御基地が設けられたが,ここにも1398年(洪武31)衛が置かれ,文登県に属していた。1887年(光緒13)には北洋海軍の基地となり,劉公島には提督署が置かれた。日清戦争に際しては提督丁汝昌に率いられる精鋭艦隊が集結していたが,日本海軍の攻撃に敗れ,戦役の方向を決めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

威海
いかい / ウェイハイ

中国、山東(さんとう)省東部、山東半島最東部の地級市。人口254万8000(2014)。2市轄区を管轄し、2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。市中心部の東、西、南の三方は山に囲まれ北側には天然の防波堤のように劉公(りゅうこう)島という小島がある。港の水深は深く、終年凍結しない。ただ地形上、後背地に平野が乏しく、そのため発展が制限された。周辺の丘陵地帯ではリンゴを産する。広い海域を有することから、国内有数の水産物の産地となっている。高速鉄道の青栄城際鉄道(青島(チンタオ)―栄成(えいせい))が通り、威海国際空港からは国内外の都市への航空路線が開設されている。
 渤海(ぼっかい)湾の入口を扼(やく)する地点に位置するため、昔から重要視されてきた。たとえば、威海衛の「衛」は明(みん)代の軍制で地方分駐防衛の場所をいうが、当時この地もその一つとされたので、威海衛とよばれた。清(しん)代に入ると衛は廃止され、この地は文登(ぶんとう)県に編入された。その後19世紀末に至って北洋海軍の軍港となったため、ふたたび旧名の威海衛が用いられるようになった。日清戦争では日本軍の攻撃を受けた。続いてロシア、ドイツが、旅順(りょじゅん)、膠州(こうしゅう)湾をそれぞれ租借すると、イギリスはロシアとの対抗上、1898年に威海衛を租借して海軍根拠地とした。期間はロシアの旅順租借期間と同一とされた。1930年になり、当時の政府(国民政府)はイギリスと交渉し、威海衛に対する支配権を取り戻すことに成功した。[倉橋正直・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

威海の関連キーワードウェイハイ(威海)特別市シャントン(山東)半島津久居 平吉大久保 利貞樋口 誠三郎佐久間左馬太環渤海経済圏伊地知彦次郎餅原 平二藤沢浅二郎田中館佳橘東郷平八郎ウェイハイ威海衛夜襲吉井 幸蔵白石 葭江黒木 為楨内海 丁三梨羽時起税所篤文

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

威海の関連情報